ブラマヨ小杉「僕と愛ちゃんは恋愛体質」
2018.9.11 21:00

百獣の王・武井壮がMCをつとめる『戦え!スポーツ内閣』(MBS)。9月12日の放送回では「関西学生アメフトあるあるSP」をオンエア。日大違反タックル問題を機に世間から厳しい視線にさらされたアメリカンフットボールをテーマに、あらためてその競技の魅力を語り合う。

左からMCのブラマヨ小杉と武井壮画像一覧

番組では、出演者で元アーティスティックスイミング日本代表の青木愛が「ラグビーと何が違うのかわからない」とポツリ。MCの武井壮は「アメフトの選手はそれを言われると結構ピリつくよ」とたしなめたが、部員たちにしてみれば「よく言われがちな、あるある」だという。

スタジオには、日本アメフト界の第一人者・河口正史と、関西アメリカンフットボールリーグ8校の選手たち、アメフト大好き芸人の厚切りジェイソンが登場画像一覧

そんな悲しい「あるある」を解決するため、アメフト好き芸人として銀シャリの橋本が登場。実は橋本は関西学院中等部時代、タッチフットボール(アメフトを基にした年少者向けの球技)で日本一になった経験を持つ。とっつきにくいイメージのあるアメフトのルールを、橋本は「恋愛」に例えて具体的に解説を始める。例えば、「4回の攻撃で10ヤード以上進むとまたさらに4回攻撃できる」というアメフトのルールを、「電話したりデートしたりして、4回ここまでこられたら、チューできるみたいな。チューできたら、その2人の関係は続いていくねん」と、独特の理論を展開。

さらに「そのかわり、学校の先生とか親とか邪魔してくるわけ。それで4回でその距離まで行けなかったらダメ。(対戦チームの攻撃と守備の交代は)それの行ったり来たり」など、守備側の動きも交えて恋愛に例えた。そして「最終的にはタッチダウン。ちょっと刺激が強かったかな。タッチしてダウンまで持ってきたらゴールってことですから」と、下ネタを絡めたオチも忘れなかった。MCのブラックマヨネーズ小杉は「恋愛に例えるのはわかりやすかったですね。僕と(青木)愛ちゃんは恋愛体質なんで」と言い切っていた。この模様は9月12日・夜11時56分から放送される。

MBS『戦え!スポーツ内閣』

放送:2018年9月12日(水)・231:56〜深夜0:53
URL:http://www.mbs.jp/naikaku/

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ