大阪城公園でビール祭、100種以上集結
2018.9.8 12:00

日本各地の個性派クラフトビールとフードが集結する人気イベント『大阪城クラフトビアホリデイ』が、今秋も開催。10月5日から4日間、「大阪城公園駅前広場」(大阪市中央区)でおこなわれる。

オリジナルグラスは2018年バージョンが登場予定!(写真は過去のもの)
オリジナルグラスは2018年バージョンが登場予定!(写真は過去のもの)画像一覧

5回目をむかえ、恒例となった本イベントには、選りすぐりのブルワリー21店がスタンバイ。関西からは地元大阪の「箕面ビール」はもちろん、兵庫伊丹の「KONISHIビール」や京都の「京都醸造」、他府県からは長野の「志賀高原ビール」「南信州ビール」、愛知の「盛田金しゃちビール」など、注目のブルワリーが並び、100種類以上のビールが飲み比べできる。

過去開催の様子
過去開催の様子画像一覧

またフードも、クラフトビールに合わせた料理が登場する予定。チケットは、飲食チケット7枚とオリジナルグラスのセットが前売3000円、当日3400円。当日はバラ券販売もあり、追加3枚セット1000円。

『大阪城クラフトビアホリデイ2018』

期間:2018年10月5日(金)〜8日(祝・月)
時間:5日=14:00〜21:00、6・7日=11:00〜21:00、8日=11:00〜19:00
会場:JR大阪城公園駅前広場
料金:前売3000円、当日3400円(どちらも飲食チケット7枚+オリジナルグラス)、ほか
URL:http://beerholiday.jp/

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ