大阪に抹茶専門店、食事やお酒も抹茶尽くし
2018.8.24 20:00

スイーツだけでなく、食事やお酒まで、抹茶尽くしの宇治抹茶専門店「OMATCHA SALON(オマッチャサロン)」(大阪市中央区)が、8月25日オープンする。

和モダンを取り入れた空間
和モダンを取り入れた空間画像一覧

チーズ専門店「チーズ クラフト ワークス」など、人気飲食店を手掛ける「LIFEstyle」(本社:大阪市北区)の新業態となり、「魅せる」「点(た)てる」「食す」をテーマに、メニューや空間を展開。文久元年創業の老舗お茶問屋「北川半兵衛商店」の宇治抹茶を使用し、同茶問屋が飲食店とコラボするのは初めてで、お茶好きから注目されるポイントとなりそうだ。

抹茶スイーツ尽くしなアフタヌーンティーセット1080円(税別)
抹茶スイーツ尽くしなアフタヌーンティーセット1080円(税別)画像一覧

お茶を淹れる温度や抹茶の点て方などは「北川半兵衛商店」からアドバイスを受け、日本茶をコーヒーのように淹れるハンドドリップ式をともに開発。煎茶や玄米茶にも抹茶を加えて、両方の旨みを最大限に活かす(「抹茶入り煎茶」400円・税別)。また抹茶はランク別で3種類あるほか、ビールやサワー、モヒートも抹茶風味となっている。

後口爽やかで上品な抹茶の風味が楽しめる濃抹茶ソフト。ほかのメニューをオーダーすれば、ミニサイズ380円(通常は580円)で注文できる。以上税別
後口爽やかで上品な抹茶の風味が楽しめる濃抹茶ソフト。ほかのメニューをオーダーすれば、ミニサイズ380円(通常は580円)で注文できる。以上税別画像一覧

ほかにも「宇治抹茶ティラミス」(550円・税別)、パフェ、パンケーキなどのスイーツに加え、「宇治抹茶そばせいろ」(680円・税別)、夜のおつまみとして鳥の唐揚げにも抹茶塩を添えるという徹底ぶりだ。「ビジネス街の淀屋橋ですので、お昼から夜までしっかりと女性が抹茶を楽しめるお店になればと思います」と広報担当者は話す。営業は午前11時から午後11時まで(日祝は午後9時まで)。

「OMATCHA SALON 淀屋橋」

2018年8月25日(土)オープン
住所:大阪市中央区道修町3-5-11 OMEビル1F
営業:11:00〜23:00(日祝は〜21:00)共にLOは閉店1時間前
電話:06-6226-4411
URL:https://omatcha-salon.jp

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ