淀屋橋のレトロビルに個性派コッペパン

2018.8.9 12:00

左から、白身タルタル(小)190円、たまご焼きそば(小)180円、たまごサラダ(小)180円

(写真6枚)

天満橋にある「コバトパン工場」(大阪市北区)が、本町のレトロビルに「コバトパン工場芝川ビル購買部」(大阪市中央区)を出店。本店と同じく、どこか懐かしいコッペパンとドリンクが、8月20日よりテイクアウトで味わえる。

たまご焼きそばや、コロッケなどを挟んだコッペパンは20種ほど(130円〜)がそろい、赤ウインナーを挟んだ人気のタマ助(180円)もお目見え。具材からソースまで手作りし、挟む具によって3種類のパン生地を使い分ける。また、新店と通販のみの限定商品・本場長崎カステラとコラボした「珈琲牛乳カステラ」(1200円)も、キュートなパッケージで登場する。

こだわりの卵を使用した新商品「珈琲牛乳カステラ」は、芝川ビル購買部限定商品で1200円。8月末から通販も開始予定

飲物は、創業100年を超える老舗「銀座カフェーパウリスタ」のコーヒーをテイクアウトでサービス(250円予定)。そのコーヒーを使った特製珈琲牛乳のほかひやしあめ、グリーンティ、フルーツ牛乳など、昔懐かしのドリンクも楽しめる。イートインはできないが、有形文化財の「芝川ビル」に似つかわしい、ユニークなショップの登場だ。

「コバトパン工場 芝川ビル購買部」

2018年8月20日(月)オープン
住所:大阪市中央区伏見町3-3-3 芝川ビル1F
営業:8:00〜15:00(なくなり次第終了)※土日祝休
電話:06-6222-5810

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本