夏目友人帳の企画展、京まふで開催
2018.7.19 9:00

日本最大級のマンガ・アニメのイベント『京都国際マンガ・アニメフェア2018』(以下、京まふ)で、今年原作マンガ15周年、TVアニメ放送10周年を迎えた『夏目友人帳』シリーズの企画展『ニャンコ先生とふりかえる 夏目友人帳 記憶(おもいで)展』が開催される。

『劇場版 夏目友人帳 〜うつせみに結ぶ〜』ビジュアル
『劇場版 夏目友人帳 〜うつせみに結ぶ〜』ビジュアル画像一覧

緑川ゆきによる漫画『夏目友人帳』(白泉社『LaLa』にて連載中)は、妖怪を見ることができる高校生・夏目貴志(CV:神谷浩史)が、自称用心棒の妖怪・ニャンコ先生(CV:井上和彦)とともに、妖怪たちに名前を返していく物語で、2003年の初出当初から少女漫画ファンを中心に圧倒的な支持を獲得。TVアニメシリーズは第6期まで制作され、以後幅広い年齢層に愛され続けている。

「京都国際マンガミュージアム」会場でおこなわれる企画展では、原作マンガの複製原画や、アニメシリーズの設定資料などを展示し、さまざまな角度から作品の魅力を紹介。また「みやこめっせ」会場では、今年9月に公開される『劇場版 夏目友人帳 〜うつせみに結ぶ〜』のコラボカフェが登場し、作品をモチーフとしたフードやドリンクが販売される予定。京まふ開催日程は9月15日・16日。

『京都国際マンガ・アニメフェア 2018』

期間:2018年9月15日(土)・16日(日)
会場:みやこめっせ(京都市左京区岡崎成勝寺町9-1)、京都国際マンガミュージアム(京都市中京区烏丸通御池上ル)
URL:http://kyomaf.kyoto/

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ