夜のひらパー、怖すぎるピエロから逃げろ
2018.7.18 17:00

お化け屋敷プロデューサー・五味弘文氏が企画演出する期間限定のホラーイベント『ひらパーの怖い夏』が、「ひらかたパーク」(大阪府枚方市)で開催。昼はお化け屋敷、夜は園内全体を使い、怖すぎるピエロから逃げまくる。

昼公演『ダークピエロの隠れ家』。想像以上のピエロのビジュアル
昼公演『ダークピエロの隠れ家』。想像以上のピエロのビジュアル画像一覧

昨年開催され、チケットが早めに完売するなど大好評だった本企画が、今年はピエロを主役におこなわれることに。五味プロデューサーは「誰もが心のどこかで、怖いと思っているピエロの恐怖を、存分に演出しました。範囲も広くなり、昨年に増して楽しんでもらえると思います」と自信たっぷりに意気込む。

昼公演はお化け屋敷『ダークピエロの隠れ家』として、参加者は凶悪なピエロが隠れ住む家から、捕らわれた人を救い出すというミッションが課せられる。計算し尽くされた仕掛けや、想像以上のビジュアルのピエロが迫ってくる恐怖には、子どもだけでなく大人も絶叫。参加者の恐怖を脈波で数値化する「ビビり度診断」が導入されているので、同行者とビビり度を競い合うこともできる(7月14日から、入園料+800円必要)。

編集部は「101ビビリ」! 消費カロリーは89kcal、最大脈拍数は169回/分と分析されました
編集部は「101ビビリ」! 消費カロリーは89kcal、最大脈拍数は169回/分と分析されました画像一覧

一方、閉園後の遊園地を貸し切っておこなわれる夜公演『呪われた夜の遊園地』は、夜になると不気味なピエロが徘徊するといわれている遊園地で、その呪いを解くために隠された秘密を見つけ出さなければならない、というもの。スマホを使いながら園内にあるホラーポイントを巡り、1時間以内でのミッション達成を目指す。

どこにピエロが潜んでいるかわからない!
どこにピエロが潜んでいるかわからない! 夜公演の様子画像一覧

夜の遊園地の非日常な雰囲気と、どこにピエロが潜んでいるのかわからない怖さはここでしか味わえない体験で、グループで行くと盛り上がりそうだ。期間は7月20日から9月2日の金土日(8月13〜16日は完全予約制)。時間は夜8時、8時半、8時50分の3回公演。料金は3500円(遊園地入園付)となる。

ひらパー恐怖体験×NTT西日本『ひらパーの怖い夏』

『ダークピエロの隠れ家』
期間:2018年7月14日(土)~9月2日(日)
時間:日程による
会場:ひらかたパークイベントホールII
料金:800円(別途遊園地入園料要)
電話:072-844-3475
URL:https://www.mbs.jp/obake/day/

『呪われた夜の遊園地 笑うキラーピエロ』
期間:2018年7月20日~9月2日の金土日、8月13日〜16日
時間:20:00〜/20:30〜/20:50〜
※集合時間は各スタート時間の20分前
会場:ひらかたパーク園内全域
料金:3500円(遊園地入園付)
電話:072-844-3475
URL:https://www.mbs.jp/obake/night/

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ