RG&ゴエ、あるある聖地の7周年祝う

2018.7.17 14:00

あるあるを歌いながらイナバウアーを披露する、羽生ゆずぁる(レイザーラモンRG、15日)

(写真3枚)

京都・祇園の劇場「よしもと祇園花月」(京都市東山区)が7周年を迎え、それを記念したイベント『RGが120分あるあるを歌いつづけ、それを浅越ゴエが120分実況解説する会』が15日、開催。500人以上の観客を「あるある」で盛り上げた。

この日RGはフィギュアスケートの羽生結弦選手に扮した「羽生ゆずぁる」として登場。「ゆずぁる〜!」のコールが飛び交うなか、「祇園祭あるある」から始まり、観客からお題をもらう形で「藤井大丸あるある」「大迫半端ないってあるある」「蝉あるある」など旬のものから京都らしいものまで即興で披露。実況の浅越はあるあるに合わせて「演技に入りました!」「トリプルルッツ、ダブルトウループ」「テクニカルポイントが入っています」など、試合さながらの実況で会場を沸かせた。

指先まで集中するRGと、それを客席側から実況する浅越ゴエ
指先まで集中するRGと、それを客席側から実況する浅越ゴエ

今や立ち見が出るほど人気企画となった「RGがあるあるを歌い続ける」シリーズは、元々「祇園花月」で生まれたイベント。多くのイベントをRGとともにおこなってきた相棒・浅越は「最初はキワモノ系のイベントとしてスタートしたと思うんですが、こんなにみなさんに受け入れられるとは」と感慨深く話し、「今日はミキも和牛も出ていません、40過ぎたおっさん2人が出ているだけ。なのに、満席ありがとう!」と感謝を述べた。

あるあるが書かれた色紙をお題提供者のファンに手渡しするRG
あるあるが書かれた色紙をお題提供者のファンに手渡すRG

RGにとっても思い入れの深い場所で、渾身のあるある計21個を熱唱。後半にはRGの黎明期を支えた、石井明美『CHA−CHA−CHA』に合わせてあるあるを披露するなど、7年の月日を感じられる内容となった。「よしもと祇園花月」では8月30日までさまざまな7周年企画を実施している。

『よしもと祇園花月7周年 おかげサマー!キャンペーン』

期間:2018年7月2日(月)〜8月30日(木)

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本