ジュラシック最新作キャスト、USJに

2018.6.29 08:00

後列左から、製作総指揮を務めたコリン・トレボロウ、クリス・プラット、ブライス・ダラス・ハワード、フアン・アントニオ・バヨナ監督

(写真7枚)

映画『ジュラシック・ワールド』シリーズの最新作『ジュラシック・ワールド/炎の王国』の日本上陸を記念して28日、「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」(大阪市此花区)でスペシャルイベントが開催。主演のクリス・プラットやブライス・ダラス・ハワードらが登場した。

同パークで恐竜が棲息するエリア「ジュラシック・パーク」の特設会場にあらわれ、詰めかけたファンから大声援で迎えられたバヨナ監督とコリン製作総指揮を含む4人。その熱気に後押しされ、全員満面の笑みで「大阪に来られてうれしい」と喜びの表情を見せた。

ブライスは撮影を振り返り、「映画を作っているときは、まるで毎日テーマパークで冒険しているよう。恐いこともあったけど、感動がいっぱいで、インスパイアされることもあった。だから映画を観るときも、このUSJでのエキサイティングな体験と同じように楽しんでもらえれば」と話した。

熱い声援にご機嫌だったクリス(左)とブライス
熱い声援にご機嫌だったクリス(左)とブライス

また、「たくさんの恐竜が出てくるんだ!」と大声で本作をアピールしたクリス。「驚異的なスタントもあって、火山も噴火する。絶対に気に入ってもらえるよ。とても楽しく、がんばって作ったので、みんなにも楽しんでもらいたい」と終始ご機嫌にPRした。映画は7月13日から公開される。

映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』

2018年7月13日(金)公開

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本