100種の手作り、中津で半袖サミット
2018.6.26 12:00

印刷の「ズレ」や「かすれ」を利用したレトロな仕上がりで、全国のクリエイターから人気の「レトロ印刷JAM」(大阪市北区)。同店が主催する『半袖サミット2018』が、7月1日まで開催されている。

個性派Tシャツがずらりと並ぶ『半袖サミット2018』
個性派Tシャツがずらりと並ぶ『半袖サミット2018』画像一覧

一色ずつ色を重ねていく版画のような孔版印刷を利用した、手作り感あふれる印刷方式「シルクスクリーン」。データではなく手描きの紙原稿でも入稿可能という手軽さや、版ズレやインクの色ムラなど雰囲気のある仕上がりが人気に。近年は工場に併設されたショップで、Tシャツやトートバッグ、ポーチなど自分で手作りする人が増えているという。

Tシャツ制作時の様子。刷るときの力加減や速度によって、仕上がりが変わるため、真剣!
Tシャツ制作時の様子。刷るときの力加減や速度によって、仕上がりが変わるため、真剣!画像一覧

今回、Tシャツとして販売する作品(レトロ印刷のシルクスクリーンサービスでの制作が条件)を募集したところ、クリエイターや学生らが作った、個性豊かな100種以上が集結。作り手が1枚1枚手刷りしているため、斜めになってしまっていたり、力加減の違いで少しカスレていたりするが、それもまた味わい。イラストレーターやアクセサリー作家、ワークショップでハマったという主婦、カレー屋などによる渾身の作品がずらりと並ぶ。

キッズサイズも充実
キッズサイズも充実画像一覧

「ホログラムや蛍光インクなど、シルクスクリーンでこういうデザインもできるのか、と発見もあります。誰ともかぶらない、掘り出しもののTシャツに出合えると思います」と、レトロ印刷JAMの中村さん。Tシャツは1800円〜(キッズサイズもあり)。同店ではシルクスクリーンのTシャツやバッグが作れるクイックワークショップも毎日開催されているので、創作意欲が湧いた人はぜひ。

『半袖サミット2018』

期間:2018年6月16日(土)〜7月1日(日)
時間:10:00〜19:00
会場:レトロ印刷JAM(大阪市北区豊崎6-6-23)
電話:06-6225-8186
URL:http://jam-p.com/hansodesummit/

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ