中之島駅ホームが酒場に、ビールに舌鼓
2018.6.21 21:30

2016年に初開催され、4回目となる京阪電車中之島線の「中之島駅」(大阪市北区)の飲食イベント『中之島駅ホーム酒場』が、21日から3日間限定で開催。初日には、仕事帰りのサラリーマンやOLらが非日常の空間を楽しんだ。

立ち飲みテーブルにも仕事帰りの女性グループが多数
立ち飲みテーブルにも仕事帰りの女性グループが多数画像一覧

前回同様、座席昇降でおなじみの「5000系」車両が酒場に大変身。カウンターテーブルが車内に設置され、赤提灯などで彩られた3番線ホームと車両を往来しながら、バル感覚で「うまいもん」が楽しめる。「おかげさまで認知度が上がってきまして、沿線を利用するサラリーマンやOLだけでなく、周辺に住む家族連れの方も増えてきたように思います」と広報担当者が話すように、この日もリピーターが多く、網棚に荷物を置いて飲食したり、つり革を掴んで立ち飲みしたりと、電車内酒場らしい光景が自然と見られた。

沖縄料理「いちゃりば」では、もずくの天ぷらやくんちゃまベーコン、海ぶどうが人気
沖縄料理「いちゃりば」では、もずくの天ぷらやくんちゃまベーコン、海ぶどうが人気画像一覧

今回は「初夏の雰囲気を味わってほしい」と、ハイビスカスの造花やビニールボールを配置し、海の家をイメージ。フードは沖縄料理店「いちゃりば」のくんちゃまベーコンなど、ビールに合う夏らしいアテが揃う。ドリンクは、沿線の渡辺橋近くに本社を構える「サントリー」の生ビールはもちろん、京都・伏見「中畝酒店」の日本酒・梅酒や、タイキッチン「紺屋」のカオソーイに合うタイのシンハービールなどバラエティ豊か。

海の家風座敷席&テーブル席には、早くから予約したというホーム酒場の常連の男性グループ
海の家風座敷席&テーブル席には、早くから予約したというホーム酒場の常連の男性グループ画像一覧

また、中之島線開業10周年を記念し、「京・料亭 わらびの里」のオリジナル弁当がついた海の家風座敷席&テーブル席(4000円/弁当+1000円分の飲食チケット付)が登場。事前に予約し訪れた、渡辺橋駅周辺で働く男性グループは「毎回参加していて、楽しみにしていました。普段電車のなかでお酒を飲むことはできないので、すごく楽しいですよ」と盛り上がっていた。期間は6月23日まで。時間は17時~21時30分(23日は14時から20時30分)。料金は1000円(1000円の飲食チケット付)。

京都・伏見の「中畝酒店」では、野性爆弾くっきーがラベルデザインを担当した日本酒&梅酒の販売も(大将がモデル! 各2000円)
京都・伏見の「中畝酒店」では、野性爆弾くっきーがラベルデザインを担当した日本酒&梅酒の販売も(大将がモデル! 各2000円)画像一覧

『中之島駅ホーム酒場 2018 初夏』

期間:2018年6月21日(木)〜23日(土)
時間:17:00〜21:30(23日は14:00〜20:30)
会場:京阪電車中之島線 中之島駅3番線(大阪市北区中之島5-3-50)
料金:1000円(1000円の飲食チケット付)
電話:06-6446-0860(予約席専用ダイヤル/11:00〜17:00)
URL:https://www.keihan.co.jp

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ