ブルーボトル、初の神戸店は旧居留地に
2018.6.21 18:30

アメリカの人気コーヒー専門店「ブルーボトルコーヒー」の関西2号店が、神戸・旧居留地に7月20日オープンすると6月21日に発表された。

店内の中央には、真鍮素材の櫓を汲み上げたコーヒーバーカウンター
店内の中央には、真鍮素材の櫓を汲み上げたコーヒーバーカウンター画像一覧

豆の調達から焙煎までを自社でおこなう同ブランドは、2002年にカリフォルニアで誕生。世界で54店舗(2018年6月21日現在)を展開し、関西では3月に京都店を南禅寺近くにオープン。周囲の環境や地域性にもこだわり、今回の「ブルーボトルコーヒー神戸カフェ」は、外国人居留地だったエリアをセレクト。クラシカルな石造りのファサードが特徴的なビル内にオープンするとのこと。

神戸で先行販売する「コールドブリューコーヒーゼリー」は期間限定メニュー
神戸で先行販売する「コールドブリューコーヒーゼリー」は期間限定メニュー画像一覧

場所はJR元町駅から徒歩約7分。周囲は高級ブランド店も多く、中華街・南京町や、セレクトショップ・雑貨店・カフェなどが密集する乙仲通(おつなかどおり)が徒歩数分に位置する。店内には、ゆったり過ごしたい人向けにソファ席、サッと立ち寄りたい人にテーブル席など約63席を用意。

オーダーしてから焼く「リエージュワッフル」の生地には、アメリカから輸入したバニラビーンズを使用
オーダーしてから焼く「リエージュワッフル」の生地には、アメリカから輸入したバニラビーンズを使用画像一覧

店舗で焼き上げるワッフルやクッキーなどのペイストリーのほか、水だしアイスコーヒーのゼリーとパンナコッタとを組み合わせた「コールドブリュー コーヒーゼリー」(280円)を全国に先駆けて販売する。また、6月23日から7月8日まで「大丸神戸店 トアロード玄関横」(神戸市中央区)にて期間限定ショップをオープンし、水だしアイスコーヒー「コールドブリュー」などを販売する予定。

「ブルーボトルコーヒー神戸カフェ」

2018年7月20日(金)オープン
住所:神戸市中央区前町1
営業:8:00〜19:00
URL:https://bluebottlecoffee.jp

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ