大東駿介「不倫よりよっぽどオモロイ」
2018.6.5 21:00

大東駿介「不倫よりよっぽどオモロイ」

テレビ・映画など映像作品への出演にとどまらず、大劇場から客席100席にも満たない小劇場まで、また演劇のジャンルでも様々な規模の舞台に積極的に出演し、その都度鮮烈な印象をステージ上に残している俳優・大東駿介。そんな彼の次回作は、映画『スリー・ビルボード』で一躍知名度を上げたマーティン・マクドナー監督の脚本作品『ハングマン』。イギリスの田舎町のパブに突然やってきて、退屈だけど平和な日常をかき乱す都会の青年・ムーニーを演じる大東に話を訊いた。

取材・文/吉永美和子

「『プルートゥ』との出会いは大きかった」(大東駿介)

──今年最初の舞台は、手塚治虫原作・浦沢直樹作画の漫画を舞台化した『プルートゥ』でした。そのなかで、大東さんが演じた刑事ロボット・ゲジヒトは「大東駿介に何が起こったんだ?」と思うぐらい、中年の哀愁感がすごくて驚かされました。

そう、結構いろいろ変化があったんですよ。僕は、役者って「監督や演出家にどう応えられるかということを提示する」のが仕事やと思ってたんです。でも30歳を超えた頃から、「想像を具現化すること」が俳優の仕事じゃないか? と思い始めて。僕は子どもの頃から一人遊びが好きだったこともあって、想像力を働かせるのが得意だし、いろんなことに興味を持てる。これは自分が人よりも誇れる、唯一の特別な部分。では「具現化」はどこまでできるのか? と考えていたときに、この舞台の話が来たんです。

イギリス・ロンドンの「バービカン・シアター」で上演された舞台『プルートゥ PLUTO』
イギリス・ロンドンの「バービカン・シアター」で上演された舞台『プルートゥ PLUTO』画像一覧

──あの舞台は、ダンサーの身体の動きだけで風景を表現するなど、かなり想像力を試されるような演出でした。そういう意味では最高のタイミングでしたね。

しかも、森山未來くんをはじめ、しっかりしたダンスの背景を持ってる俳優ばかりが出ていたので、すごく刺激的でした。彼らは自分の内側で起こってる想像や発見を、外側で・・・身体で表現して、それを人に伝えるというのを、呼吸するかのように当たり前にやってたんです。じゃあ、そういう一芸のない僕は何ができるんだろう? と考えたときに、逆に「人間でいられるな」と。ダンサーたちの完全な身体のなかに、汚らしい身体の人がいたら、とても生々しく映るんじゃないかと思ったんですね。なので中年の身体になれるだけなってみようと、筋肉と脂肪をつけて、お腹も結構たるませました。

「食べるシーンと寝るシーンとセックスのシーンは、かなり気合い入れる。人間本来の欲や羞恥心が出るシーンだから、とても丁寧にやりたい」と大東
「食べるシーンと寝るシーンとセックスのシーンは、かなり気合い入れる。人間本来の欲や羞恥心が出るシーンだから、とても丁寧にやりたい」と大東画像一覧

──それは成功していたと思います。

菅原小春(世界的ダンサー)にも「あのお腹が一番美しかった」とまで言われました(笑)。外側の一芸って、目に見えるから人に評価されやすいけど、内側って良いも悪いも見えないじゃないですか? 一芸がなくても、心のなかにとんでもない想像力を抱えている化け物みたいな奴だっていてるはずやし。俳優ってすごく曖昧な仕事だけど、頭のなかのまだ誰も見たことがない何かを、世に生み出すことに意義があるんだろうと。そうやって腹を決めることができた点で、『プルートゥ』との出会いは大きかったです。

1 2

舞台『ハングマン』

日程:2018年6月15日(金)〜17日(日)
会場:ロームシアター京都 サウスホール(京都市左京区岡崎最勝寺町13)
料金:一般7500円、25歳以下5500円
電話:075-746-3201
URL:https://rohmtheatrekyoto.jp/program/8184/

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ