近畿大学、学内にアマゾンルームを設置

2018.5.31 09:00

学内でのコミュニケーションや情報収集に利用される「アカデミックシアター」に設置された専用スペース

(写真2枚)

大阪の近畿大学(東大阪市)が、オンラインストア「アマゾン」と提携して、日本初となる「Prime Student Room」を学内に設置した。

両者は2014年より、教育・研究・学生サービス充実のために連携協定を締結。以降、教科書の販売をアマゾンで取り扱うなど、学生目線で利便性を考えた取り組みを進めてきた。

今回は、学生向けに提供するアマゾンの会員プログラム「Prime Student」の認知拡大をはかるスペースを設置。Amazonプライムのサービス紹介に加え、学割価格のうえ書籍購入時にはポイント還元があるなど同サービス独自の特典や、Kindle電子書籍リーダーやFireタブレットなどアマゾンデバイスの活用方法などが発信される。

学業にも役立つ、Kindle電子書籍リーダーやFireタブレットなどのアマゾンデバイスを手にすることができる
学業にも役立つ、Kindle電子書籍リーダーやFireタブレットなどのアマゾンデバイスを手にすることができる

近畿大学法学部長の土屋孝次副学長は、「世界最先端の企業であるアマゾンと協力することで、本学の建学の精神である『実学教育』を軸とした人材育成や社会貢献にも大きな成果をもたらすことができると考えています。また、今回の取り組みを通じて学生たちの大学生活がより充実したものなるよう期待をしております」とコメントした。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本