英米のトップスター共演、名曲披露

2018.5.28 07:00

『ミュージカル・ミーツ・シンフォニー2018』ビジュアルイメージ

(写真1枚)

ミュージカルの名曲をフルオーケストラの演奏で歌うコンサート『ミュージカル・ミーツ・シンフォニー2018』が6月に東京、大阪で開催。イギリス出身のジョン・オーウェン=ジョーンズとアメリカ出身のノーム・ルイスの日本初共演が、注目を集める。

オーウェン=ジョーンズは1998年にウエストエンドで『レ・ミゼラブル』の上演史上最年少の26歳でジャン・バルジャン役に抜擢され、2016年にはブロードウェイでも同役を務めた英国のミュージカル・スター。『オペラ座の怪人』の怪人役でも知られ、感情豊かにドラマティックに歌い上げる歌唱法が特徴だ。

一方、『オペラ座の怪人』で、ブロードウェイ史上初の黒人の怪人役として大きな話題を集めたルイス。『レ・ミゼラブル』のジャベール役や『シカゴ』のビリー役なども務め、ピンと張った弦楽器のような、低音から高音までどこまでも伸びるつややかな歌声が美しい。

そのほか、日本のミュージカル界を担う若手俳優の柿澤勇人や宮澤エマ、元宝塚歌劇団トップスターの春野寿美礼が出演。前出の作品はもちろん、『ミス・サイゴン』『ウエストサイド物語』などからのナンバーが披露される予定だ。珠玉のミュージカルナンバーを、トップスターの歌声で味わえる、夢のように贅沢な時間を過ごしてほしい。大阪公演は、6月9日に「フェスティバルホール」(大阪市北区)で、トップスター2人のアフタートークショーも開催。チケットはS席11800円ほか、現在発売中。

文/米満ゆうこ

『ミュージカル・ミーツ・シンフォニー2018』

日時:2018年6月9日(土)・17:30〜
会場:フェスティバルホール
料金:S席11800円、A席8800円
電話:0570-200-888

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本