ミュージカル「キャッツ」、大阪で閉幕

2018.5.7 14:00

劇団四季のミュージカル『キャッツ』大阪公演が千秋楽を迎えた

(写真1枚)

劇団四季が13年ぶりに大阪で上演したミュージカル『キャッツ』。千秋楽を迎えた6日、会場の「大阪四季劇場」(大阪市北区)で1年10カ月のロングランが閉幕した。

2016年7月16日にはじまり、13年ぶり4度目となった今回の大阪公演。公演回数は613回を数え、入場者数は59万人におよんだ。千秋楽の本編終了後には、「作品を愛してくださったすべてのお客様へ、心より御礼申し上げます」とキャストのひとり・マンカストラップ役の加藤迪が挨拶。客席からは大きな歓声が上がり、13回のカーテンコールで幕が閉じた。

「大阪四季劇場」では、エンタテインメントショー『ソング&ダンス 65』(6〜8月)がおこなわれた後、10月からディズニーミュージカル『リトルマーメイド』のロングラン公演が決定している。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本