文化庁京都移転を記念、5月に花火大会
2018.5.6 20:00

文化庁京都移転決定を記念した『京都芸術花火2018』が、5月30日に「京都競馬場」(京都市伏見区)で開催される。

1万3000発もの花火を約55分間楽しめる
1万3000発もの花火を約55分間楽しめる画像一覧

2017年に「地域文化創生本部」が設置され、2021年に京都の本格移転を目指す文化庁。今回は、京都市の地域及び観光振興に新たな賑わいの創出、そして社会福祉プロジェクトへの支援として花火大会が実現する。

花火コレオグラファーとして活躍する大矢亮さんが演出をつとめ、花火と名曲によるパフォーマンスを約55分間にわたっての壮大なショーに。全国各地の花火会社が総力を挙げて手掛けた、大迫力の「尺玉」約30発、一級の「芸術玉」を約1万3000発が、1/30秒単位まで計算され、音楽に合わせて巨大なストーリーを描き出すという。

音楽のリズムやメロディに合わせて、花火が打ち上げられていく
音楽のリズムやメロディに合わせて、花火が打ち上げられていく画像一覧

開始前には、スペシャルゲストにDJ KOOが登場する『夕焼けDISCO』、また花火後にもDJ魅惑のクニオがパントマイムやダンスパフォーマンスも取り入れたプレイが予定されるなど、最後まで会場を盛り上げてくれそうだ。料金はスタンド7560円、コース前エリアは3780円。

『京都芸術花火2018』

日時:2018年5月30日(水)・19:45〜20:40
会場:京都競馬場(京都市伏見区葭島渡場島町32)
料金:スタンド7560円、コース前エリア(ゾーン指定)3780円円、小学生540円
URL:https://www.kyoto-hanabi.com

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ