大阪国際空港、刷新した中央エリア公開
2018.4.11 20:00

大阪国際空港(伊丹空港)が、2020年夏のグランドオープンに先がけて、ターミナルの中央エリアを4月18日に先行オープン。関係者向けのセレモニーが11日におこなわれ、メディアに内部を公開した。

「ノースショア カフェ&ダイニング」では、離着陸する機体を眺めながらスイーツやサンドなどがいただける
「ノースショア カフェ&ダイニング」では、離着陸する機体を眺めながらスイーツやサンドなどがいただける画像一覧

今回のリニューアルでは、空港内の店舗が大幅に刷新。名物うどんすきで知られる大阪の老舗「美々卯」などの飲食店が18店、よしもと芸人や吉本新喜劇のグッズを販売する「よしもとエンタメショップ」など物販店が12店、子どもの成長に合わせた遊び場とおもちゃ販売の「ボーネルンドあそびのせかい」などのサービス関連が4店と、34店舗がオープンする(内4店は既存店)。

広大なスペースに荷物受け取り用のベルトコンベアが8つ並ぶ、到着口の出口付近
広大なスペースに荷物受け取り用のベルトコンベアが8つ並ぶ、到着口の出口付近画像一覧

また、これまで南北に分かれていた到着口が中央2階の1カ所に集約。利用者の導線をわかりやすくし、モノレールやバス、タクシーなどへの連絡もスムーズとなる。そのほか、飛行機の離着陸を間近に見られて人気だった屋上の展望デッキの面積が1.5倍に増設されるなど、49年ぶりのリニューアルに注目が集まる。

《新規出店》
飲食店:海キッチン KINOSAKI(海鮮料理・クラフトビール)、WOLFGANG PUCK PIZZA(ピッツァ)、大阪エアポートワイナリー(バル)、大阪お好み焼き 清十郎(お好み焼き・鉄板焼)、がんこ(和食)、キットカットショコラトリー(カフェ・洋菓子)、黒門まぐろのエン時(丼)、さち福やCafe(和食)、ダイヤモンドカリー(カレー・スパゲッティ)、DEAN & DELUCA CAFE(カフェ)、バル カフェMassa(バル・カフェ)、肉が旨いカフェ NICK STOCK(ハンバーグ他)、NORTHSHORE(カフェ)、丸福珈琲店(カフェ)、美々卯(うどん)、ル・パン神戸北野(パン・スイーツ)

物販:関西旅日記(お土産)、黒船(カステラ)、コクミンドラッグ(ドラッグストア)、SAC’S BAR(バッグ・サイフ・スーツケース)、スワロフスキー(ジュエリー)、SORAMISE(雑貨)、ポケモンストア(キャラクターグッズ)、pon pon × Chris.P(菓子)、ローソン(コンビニエンスストア)、よしもとエンタメショップ(お土産・キャラクター雑貨)

サービス:ボーネルンドあそびのせかい(親子向け複合遊戯施設・教育玩具)、HAIRS N.J 1963(理容)、Queensway Light/Q’sボディケア(リラクゼーション)、インフォメーションひょうご・関西(観光PR)

【2018/4/12記事更新】空港内のよしもとエンタメショップに、やすとものコレクションが初登場

【2018/4/13記事更新】神戸のラグジュアリーホテルが進出、カフェでアフタヌーンティー

【2018/4/14記事更新】関西でカフェを初めて併設した、キットカット ショコラトリー

【2018/4/18記事更新】オープン初日は、和牛がお出迎えした「よしもとエンタメショップ」

「大阪国際空港」

URL:https://www.osaka-airport.co.jp

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ