ヴィレバン、太陽の塔に期間限定出店
2018.3.29 8:00

「ヴィレッジヴァンガード下北沢店」(東京都世田谷区)のコラボショップ「みんなの太陽」が、太陽の塔内部公開に合わせて「万博記念公園」(大阪府吹田市)に期間限定で出店中。汗だくの太陽の塔、女子高生に罵られる太陽の塔など、独特なデザインのアイテムが楽しめる。

エントランス横に位置、見逃さないように
エントランス横に位置、見逃さないように画像一覧

場所は、太陽の塔の目の前にある「Flower Shop」の一角で、「顔ハメ太陽の塔」が目印。「岡本太郎記念館館長」の平野暁臣さんが全面プロデュースし、「コップのフチ子」のデザインを手掛けた大の岡本太郎ファンであるマンガ家のタナカカツキさんがデザインした「ヴィレッジヴァンガード」のトリプルコラボアイテムが所狭しと並ぶ。もちろん、パンチが効いたおなじみの黄色のポップも至るところに。

汗だくの太陽の塔Tシャツ3000円(税別)
汗だくの太陽の塔Tシャツ3000円(税別)画像一覧

タナカカツキさんが描いた著書『みんなの太陽の塔』に登場する太陽の塔のごとく、実世界で生きているような人間くさい姿が魅力。トートバッグを持つ太陽の塔の「トートバッグ」、チラリとカーテンから覗き込んでいるようなデザインの「カーテン」、ベッドで女性と寝そべる姿を描いた「クリアファイル」など。監修した館長の平野さんの懐の広さを感じさせる、クスッと笑えるような商品ばかりだ。

ノート、ステッカーなどのアイテムのほか、岡本太郎やタナカカツキの本も
ノート、ステッカーなどのアイテムのほか、岡本太郎やタナカカツキの本も画像一覧

出店は6月まで予定し、商品は全国の「ヴィレッジヴァンガード」の一部(14店舗、関西ではアメリカ村、あべのキューズモール、京都新京極、神戸三宮)でも販売中。また、ユニークなアイテムがそろうコラボ第2弾も展開予定。

「みんなの太陽の塔」

2018年3月8日(木)〜6月末までオープン予定
住所:万博記念公園(吹田市千里万博公園1-1)
時間:10:00〜17:00
※万博記念公園自然文化園入園料大人250円、小中学生70円別途要
URL:https://www.village-v.co.jp/news/item/2177

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ