ベイエリア開発で、ホテルをリブランド
2018.3.29 9:00

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンや海遊館など観光地に近く、再開発が期待される大阪ベイエリア。JR大阪環状線・地下鉄中央線「弁天町」駅直結の複合施設「オーク200」が名称変更し、複合施設「OSAKA BAY TOWER」に。3月29日、施設内に新たなホテルがオープンした。

「OSAKA BAY TOWER」外観
「OSAKA BAY TOWER」外観画像一覧

大阪キタ・ミナミに次ぎ、「ニシ」として新たに多くの観光客が行き交うこのエリア。更なる認知拡大と来街者の増加を目指し、再生第一弾として、「ホテル大阪ベイタワー」を地上51階建てのフルサービス型ホテル「アートホテル大阪ベイタワー」としてリブランドオープン。客室数は383室から464室に増室し、客室タイプは多彩な全21種を用意。なかにはベビーベッド付きなどファミリー層を意識したコンセプトフロア(23〜25階)も。

コンセプトフロア(23〜25階)のキッズルーム
コンセプトフロア(23〜25階)のキッズルーム画像一覧

また、大阪屈指の夜景がきれいなホテルとして、天保山の大観覧車やユニバーサルシティなどを一望するベイサイドビューと、通天閣など大阪中心部を見渡すシティサイドビューの両方が楽しめ、特に51階のレストラン「スカイビュッフェ51」からの眺望は格別。

来賓の吉村洋文大阪市長ら、記者会見登壇者(27日、大阪市内)
来賓の吉村洋文大阪市長ら、記者会見登壇者(27日、大阪市内)画像一覧

記者会見に出席した吉村洋文大阪市長は、「世界の名だたる都市で発展してるのは、だいたいベイエリアなんです。これから大阪のベイエリアは成長していかなければならない」と、来年開催予定のG20サミット首脳会議や万博誘致に向け、宣言。また「弁天町は大阪ベイエリアの玄関口になる。このOSAKA BAY TOWERが新たなランドマークになってほしい」と期待を寄せた。

再生第2弾として、延べ床面積約5000坪超の天然温泉を有する関西最大級の都心型温泉テーマパーク「ソラニワ SPA 弁天」 が2019年2月に開業予定。

「OSAKA BAY TOWER」

2018年3月27日(火)オープン ※アートホテル大阪ベイタワーは29日オープン
住所:大阪市港区弁天町1-2
電話:06-6577-1384
URL:https://www.mystays.com/hotel-art-hotel-osaka-bay-tower-osaka/

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ