京本政樹の息子・大我、舞台初主演

2018.3.26 16:00

舞台で初主演をつとめることになった京本大我(SixTONES/ジャニーズJr.)

(写真2枚)

童話『長靴をはいた猫』を原作とする舞台『BOSS CAT ~シャルル・ペロー「長靴をはいた猫」より~』の上演が決定。ジャニーズJr.でSixTONESのメンバーである京本大我が、舞台初主演をつとめる。

俳優・京本政樹の息子で、2006年にジャニーズ事務所に入所した大我は、ドラマや映画、舞台と着実にキャリアを積み上げ、ミュージカル『エリザベート』では皇太子役を好演。初めての主演では、巧みに人を操る猫の役を演じる。

舞台『BOSS CAT ~シャルル・ペロー「長靴をはいた猫」より~』より
舞台『BOSS CAT ~シャルル・ペロー「長靴をはいた猫」より~』より

物語は、フランスの詩人・シャルル・ペローによる童話をベースに、父親を失った3人の息子の境遇が描かれる。本作では次男が財産分与で猫を引き継ぎ、振り回される役どころ。ほかのキャストは、姫役にジャニーズJr.の高田翔をはじめ、次男役に阿佐ヶ谷スパイダースの中山祐一朗ら。

東京公演を経て、大阪公演は7月19日から「梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ」(大阪市北区)にて。

『BOSS CAT ~シャルル・ペロー「長靴をはいた猫」より~』

日程:2018年7月19日(木)〜22日(日)
会場:梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本