クールジャパンパーク大阪、来年2月開業
2018.3.23 18:30

「JO−TERRACE OSAKA」や「MIRAIZA OSAKA−JO」など、新施設ラッシュの続く「大阪城公園」(大阪市中央区)に、大・中・小の3劇場を擁する文化集客施設「クールジャパンパーク大阪(仮称)」が2019年2月にオープンする。

概要が発表された「クールジャパンパーク大阪(仮称)」のイメージ(劇場Aと多目的スペース)画像一覧

「クールジャパンパーク大阪(仮称)」は、官民ファンド「海外需要開拓支援機構」(クールジャパン機構) をはじめとする出資会社14社がそれぞれの専門領域や得意分野を生かして、訪日外国人観光客を対象としたツアー、ナイトテインメントの提供、さらには、大阪から将来のエンタテインメント産業を担う人材の育成などを目的に劇場運営をおこなうという事業だ。

左から、クールジャパンパーク準備株式会社の戸田義人社長、吉村洋文大阪市長、大阪城パークマネジメント株式会社の木下健治社長(23日・大阪市内)画像一覧

23日におこなわれた会見で吉村洋文大阪市長は、「大阪城は大阪の中心地で、大阪の魅力がつまったエリア。大阪の文化、芸能、ショーといったクールジャパンを発信できる拠点を大阪城公園に作ることで、どこにも負けない日本一の公園になるんじゃないかと思います」と、大きな期待を寄せた。

施設の場所は、大阪城公園の「市民の森」近く(大阪城弓道場の南側)。サーカスなどにも対応可能な1238席の劇場A、702席の劇場B、スタンディング600人の劇場Cの3劇場が予定されており、2月にこけら落とし公演(後日発表)がおこなわれるという。

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ