R-1優勝の濱田、漫才に憧れるも漫談へ

2018.3.7 16:00

『R-1ぐらんぷり2018』で見事優勝を飾った盲目のピン芸人・濱田祐太郎

(写真2枚)

過去最多となる3795人がエントリーした、ひとり芸日本一を決める『R-1ぐらんぷり2018』。6日に開催された決勝戦で、見事初優勝を飾った盲目のピン芸人・濱田祐太郎が、大会終了後に会見をおこなった。

濱田は決勝戦をふり返り、「ファイナルステージに残ったゆりやん(レトリィバァ)もおぐさんもめちゃめちゃウケてたし、僕、ネタの途中でかんだので、僕だけは絶対(優勝は)ないと思ってました。信じられないという気持ちしかないですね」とコメント。

今年で芸歴5年目。ハリガネロックやビッキーズのしゃべくり漫才が好きで、漫才師になるためNSC(吉本の養成所)に入学したものの、「社交性がなくて、コンビを組めなかった」と語り、仕方なく漫談という道を選んだという濱田。次第に、「自分に合ってるかも」と思うようになり、大阪の劇場を中心にこつこつと芸を磨いてきた。

『R-1ぐらんぷり2018』ファイナルの濱田祐太郎

だからこそ、「漫談で優勝できたことがうれしい」と喜びつつも、「(ネタ中に)思い切りかみましたし、ほかの2人もウケてましたし、僕の優勝はどうなんだろうと、消化不良な部分があります。来年もR-1があるなら、完璧なネタでチャレンジしたい」とも。そして「ここから1年大変かなと思うんですが、ちょこちょこ大阪で活動できたらと思いますので、応援よろしくお願い申し上げます」と語った。

『R-1ぐらんぷり2018』

濱田祐太郎

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本