冬氷を楽しむイベント、奈良で大成功
2018.2.25 11:00

全国の名店が集うかき氷イベント『かき氷EXPO2018』が、奈良の「春日野国際フォーラム甍 別館」(奈良県奈良市)で2月24日・25日に開催。初日、多くのかき氷ファンが冬氷を楽しんだ。

開場前から行列ができ、パンフレットのメニューを見て吟味する人々も多かった
開場前から行列ができ、パンフレットのメニューを見て吟味する人々も多かった画像一覧

かき氷の街として広まりつつある奈良をさらに盛り上げるために、「食べる」「学ぶ」「競う」をテーマに、初開催された同イベント。かき氷の繁忙期を外した時期だからこそ、人気店の参加が可能となり、各日2000杯分のチケットが半月で完売。濃厚なクリーム、ナッツ、スパイス、チョコレート、今が旬のいちごなど、どの店も冬ならではのメニューを展開した。

【記事】「競う」をテーマに『かき氷EXPO2018』でおこなわれたコンテスト

お目当ての店に並ぶ人々
お目当ての店に並ぶ人々画像一覧

初日1番目に並んでいた奈良在住の50歳の女性は、7時から並び「3年前から、かき氷の魅力にはまりました。1年を通じて、1軒でかき氷を2〜3杯いただくことも。奈良にあるお店にもよく通っており、今日は神戸の「こおり屋 bambu」、奈良の「氷匠 Le Clair(ルクレール)」、東京の「志むら」がお目当てです」と話した。

東京の「志むら」は、まるでガケのようなスタイル。いちごと白あんを組みあわせて
東京の「志むら」は、まるでガケのようなスタイル。いちごと白あんを組みあわせて画像一覧

訪れた人々の年齢層も幅広く、出店する全16軒のメニューを食べられるようにグループで訪れる人や、1人で2杯以上いただいている人も。東京から出店した「氷屋ぴぃす」の店主は「東京から常連の方も、この日しか食べられない氷だからとお越しくださいました。泊まりがけの方や、なかには日帰りの方もいらっしゃいます」と、改めてかき氷のファンの熱さを感じさせてくれた。25日もおこなわれるが、前売は完売、当日券の発売はなし。

『かき氷EXPO2018』

日時:2018年2月24日(土)・25日(日)10:30~16:30
会場:春日野国際フォーラム甍 別館(奈良市春日野町101)
料金:2/24=2300円
2/25=2500円
URL:URL:https://sousuke5.wixsite.com/kakigori-expo2018

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ