キムラ緑子「エセ歌手みたいで楽しい」
2018.2.20 8:00

『ごちそうさん』(NHK)『陸王』(TBS)など、数々のドラマや舞台で活躍し、最近はバラエティ番組の出演も多い女優・キムラ緑子。そんな彼女が4月、俳優の大谷亮介と組むコンビ「Dolly&Tanny」として、大阪でライブを開催する。16日、キムラが大阪市内で会見をおこなった。

不定期ながら俳優の大谷亮介と組むコンビ「Dolly&Tanny」としても活動するキムラ緑子
不定期ながら俳優の大谷亮介と組むコンビ「Dolly&Tanny」としても活動するキムラ緑子画像一覧

ハリウッドから来た日系アメリカ人(でも関西弁バリバリ)の歌手2人が、夫婦漫才のようなMCや寸劇を交えながら、ジャズの名曲を披露するというコンセプトのライブ。しかも曲の方は、スタンダード・ナンバー『Fly Me To The Moon』を『フライもんなんやもん』と揚げ物の歌にするなど、関西らしいユーモアにあふれた替え歌ばかりだ。

「歌手になるのが小さなときの夢だったので、エセ歌手みたいな感じをその時間だけ味わえるのがとても楽しいですね。しかも『Dolly』というキャラを演じていると、セクシーなドレスをバーンと着るとか、大胆でバカなことをやっても大丈夫な感覚になれるんです」

歌あり、寸劇あり、ダンスあり・・・とキムラの魅力がつまったステージ『Dolly&Tanny Live 2018~ドリタニ知らんと意味ないで!~』
歌あり、寸劇あり、ダンスあり・・・とキムラの魅力がつまったステージ『Dolly&Tanny Live 2018~ドリタニ知らんと意味ないで!~』画像一覧

今回のライブは、現在猛特訓中のタップダンスや新曲の発表が中心。また、キムラの夫でもある作・演出家のマキノノゾミが演出で参加することに。キムラは、「さらにキチッとした見せ物にしたいので、掛け合いの所などを見てもらおうかなと。新曲のなかには、私の出身地の淡路島の素晴らしさを歌う曲もあるんですが、(作詞担当の東野ひろあきが)すごく淡路島について調べてくれて。今問題になってる大仏(世界平和大観音像)の話まで出てきますよ(笑)」。

「本当はお酒を飲みながらゆるっと見てもらいたいけど、大阪の会場はお酒が出せないので、先に呑んでから来てください」とお茶目に語ったキムラ。大阪公演は4月2日・3日に「近鉄アート館」(大阪市阿倍野区)にて。チケット前売6000円。

取材・文・写真/吉永美和子

『Dolly&Tanny Live2018』

日時:2018年4月2日(月)・3日(火)・19:00〜
会場:近鉄アート館(大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43)
料金:前売6000円、当日6500円
電話:06-6622-8802
URL:https://kintetsuartkan.jp/

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ