和楽器バンド、オーケストラと初の競演

2018.2.19 22:00

「大阪城ホール」で単独公演をおこなった和楽器バンド(左から尺八の神永、ボーカルの鈴華、ギターの町屋)

(写真3枚)

尺八や箏、三味線や和太鼓など和楽器とロックを融合させた独特の世界観が、国内外で広く支持されている和楽器バンド。「大阪城ホール」(大阪市中央区)での初となる単独公演が18日に開催され、2部構成のブレミアムライブで約8500人のファンを魅了した。

和太鼓・黒流が「大阪城ホール、行くぞー!」と叫び、先月発売された最新シングル『雪影ぼうし』から、ライブの第1幕がスタート。今やクールジャパンを代表するナンバーとなった『千本桜』や『雪よ舞い散れ其方に向けて』、ボーカル・鈴華とギター・町屋のツインボーカルが魅力の『シンクロニシティ』などを披露し、大胆かつ繊細なパフォーマンスで観客を圧倒した。

『鳥のように』をピアノ弾き語りとオーケストラで披露
『鳥のように』をピアノ弾き語りとオーケストラで披露

その後、鈴華が「第2幕は、私たちにとっても初めての試みで、シンフォニーオーケストラとの共演となっています。和楽器バンドだけでも8人もいるのに、オーケストラも入れてますます大人数になっています(笑)」と話し、オーケストラとの初コラボとなる第2幕が開演。鈴華がずっと夢だったというピアノ弾き語りでの『鳥のように』、疾走感溢れる『反撃の刃』や『雨のち感情論』、バラード曲『オキノタユウ』などを、オーケストラによる壮大なアレンジと、鈴華の唯一無二の伸びやかな歌声で披露し、会場はひとつに。

『流星』をオーケストラとともに演奏し、幕を閉じた『和楽器バンド Premium Symphonic Night』
『流星』をオーケストラとともに演奏し、幕を閉じた『和楽器バンド Premium Symphonic Night』

アンコールのMCでは、約1年振りとなるオリジナルアルバムを4月25日に発売することを発表。続けて4月から9月にかけてバンド史上最多公演となる全国ホールツアーの実施も報告。「ラスト2デイズは、ここ大阪で!」の声に、ファンからは大歓声が起こった。

『和楽器バンド Premium Symphonic Night 〜ライブ&オーケストラ〜 in 大阪城ホール』

日時:2018年2月18日(日)・17:00〜
会場:大坂城ホール
料金:7800円(全席指定)

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本