羽生・井山氏、国民栄誉賞の舞台裏に密着
2018.2.17 9:00

将棋界史上初の永世七冠を達成した羽生善治氏と、囲碁で2度の七冠独占を成し遂げた井山裕太氏が、2月13日、将棋・囲碁界初となる「国民栄誉賞」を同時受賞。2月18日放送の『情熱大陸』(毎日放送)では、その舞台裏に独占密着する。

13日の国民栄誉賞受賞時の井山裕太氏(左)と羽生善治氏
13日の国民栄誉賞受賞時の井山裕太氏(左)と羽生善治氏画像一覧

いずれも中学生でプロデビューし、厳しい勝負の世界において自らの頭脳だけを頼りに、前人未踏のタイトルの数々を獲得して来た「絶対王者」。番組では、これまで2人にとって大一番となる戦いの前後に密着取材をしてきたが(羽生は2002年・2008年、井山は2013年)、今回、国民栄誉賞同時受賞を受けて、改めて今の2人にカメラを向けたという。

また、フィールドは違えど常に比較され続ける2人が、日頃胸に秘めているお互いへの素朴な疑問や意外な本音をぶつけあう独占対談も実現。年齢は19歳離れているが、孤独のなかでまだ誰も見たことの無い地平を切り開き続けて来た2人の天才の「今、思うこと」が詰まった内容となっている。放送は、2月18日・夜11時から。

毎日放送『情熱大陸』

放送:2018年2月18日(日)・23:00〜23:30
出演:羽生善治、井山裕太
URL:http://www.mbs.jp/jounetsu/

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ