国内外から約100種、梅田でクッキー博
2018.2.19 12:00

手土産にも家のおやつにも重宝するお菓子・クッキーに焦点を当てた催事『クッキーの魅力』が「阪急うめだ本店」(大阪市北区)で2月28日から開催される。

【2/28更新】初日を迎えた催事『クッキーの魅力』レポート

通常はオーストリアでしかいただけない「デメル」の生クッキー。1個292円、詰め合わせセットもあり
通常はオーストリアでしかいただけない「デメル」の生クッキー。1個292円、詰め合わせセットもあり画像一覧

最近は生地にこだわりサクサク、ほろほろなどいろんな食感が楽しめるクッキーに加え、海外の伝統的なクッキーを作るパティシエや焼き菓子専門店も増えているなか、同百貨店が初めて企画。日本と海外の50ブランド以上、約100種を展開する。ひよこサブレやチョコチップクッキーなどシンプルなものから、パティスリーが手掛けるイタリアのチョコを挟んだ「バーチ・ディ・ダーマ」、ベルギーのパリパリ食感の「スペキュロス」など、多種多様なクッキーがそろう。

海外のクッキーは12カ国から約50種のクッキーがそろう。パッケージのかわいさも魅力
海外のクッキーは12カ国から約50種のクッキーがそろう。パッケージのかわいさも魅力画像一覧

なかでも珍しいのは、オーストリアの老舗「デメル」の商品。日本の百貨店ではおなじみのブランドだが、現地でしか販売されていない「生クッキー」が限定で登場。たとえば、ココアクッキーにメレンゲ、ラズベリージャムを組み合わせた「メイリンダー」292円など、4種を販売する。

左上から時計回りに「パティスリージャンゴ」「コバトパン工場」「CAFE TANAKA」「MAISON D’AHNI」のセット画像一覧

クッキーの魅力のひとつでもあるかわいい缶ものそろい、思わず「缶買い」してしまいたくなるものばかりだ。ほかにもクッキーにまつわるイベントも連日開催(公式サイトで要予約、2/21から)。期間は3月5日まで、会場は9階の祝祭広場。

『クッキーの魅力』

期間:2018年2月28日(水)〜3月5日(月)
時間:10:00~20:00(曜日により閉店時間異なる、最終日は18:00)
会場:阪急うめだ本店9F 祝祭広場
電話:06-6361-1381
URL:http://www.hankyu-dept.co.jp/

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ