四天王寺の国宝、X線CT調査で新事実

2018.2.10 11:00
  • 「X線CT調査による新知見」についての記者会見。左から、四天王寺学芸員の一本崇之さん、四天王寺執事の吉田明良さん
  • 3Dプリンターで再現されたもの、左は舟形光背をともなった如来立像、右は三足卓に供養具。細かいところまで丁寧に彫られていることが分かる。
  • 「国宝「懸守」(七懸のうち桜形桜折枝金具装) 四天王寺蔵」
  • 左から、「国宝「懸守」X線CTスキャン画像(如来) 、「国宝「懸守」X線CTスキャン画像(供養具) 。共に提供:京都国立博物館
  • 「X線CT調査による新知見」についての記者会見。左から、四天王寺学芸員の一本崇之さん、四天王寺執事の吉田明良さん
  • 3Dプリンターで再現されたもの、左は舟形光背をともなった如来立像、右は三足卓に供養具。細かいところまで丁寧に彫られていることが分かる。
  • 「国宝「懸守」(七懸のうち桜形桜折枝金具装) 四天王寺蔵」
  • 左から、「国宝「懸守」X線CTスキャン画像(如来) 、「国宝「懸守」X線CTスキャン画像(供養具) 。共に提供:京都国立博物館
(写真4枚)

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本