長谷川博己「朝ドラはいま勢いある」

2018.2.7 17:20

インスタントラーメンを発明し、世の食文化に変革をもたらした男を演じる長谷川博己

(写真8枚)

「日清食品」創業者・安藤百福の妻をモデルにした、2018年後期のNHK連続テレビ小説『まんぷく』(大阪放送局制作、脚本・福田靖)。7日、そのヒロインの夫役に俳優・長谷川博己の起用が発表された。

インスタントラーメンを発明する男、立花萬平を演じる長谷川。20代に何度か朝ドラのオーディションに挑戦したことがあるというが、「40歳で朝ドラのヒロインの相手役というは、お話しいただいたときに迷った。ただ、朝ドラが今ものすごく勢いがあるのと、萬平のモデルとなる百福さんの『大衆のなかにこそ変化の予兆がある』という言葉が印象的で、自分の役者人生において、変化できる良いきっかけになるのでは」と挨拶した。

役名について「萬平という名前は結構気に入ってます」と長谷川役名について「萬平という名前は結構気に入ってます」と長谷川
役名について「萬平という名前は結構気に入ってます」と長谷川

制作統括の真鍋斎さんは、長谷川を抜擢した理由に「品格とカリスマ性を漂わせている役者さん。シュッとした、凜とした佇まいの方。悪役もやられるんですが、どこか品がある。萬平はあくまでもドラマのなかのキャラクターですが、百福さんの持っていたカリスマ性、品位を長谷川さんであれば、どんなシーンでも保たれると思う」と期待を込めて話した。

連続テレビ小説 第99作『まんぷく』

日程:2018年10月1日(月)〜2019年3月30日(土)

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本