松嶋菜々子「計算の芝居、勉強になった」
2018.1.26 21:00

松嶋菜々子「計算の芝居、勉強になった」

阿部寛が刑事・加賀恭一郎を演じる、東野圭吾原作の人気シリーズ『新参者』。その最新作にしてシリーズ最終章となる『祈りの幕が下りる時』がいよいよ公開される。ふたつの殺人事件の捜査から浮かび上がってきたのは、ある女性の過去。その事件の鍵を握る女性を演じたのは、以前からシリーズのファンだったと言う女優・松嶋菜々子。来阪した彼女に話を訊いた。

取材・文/春岡勇二 写真/木村正史

「とても完成度の高い脚本だと思いました」(松嶋菜々子)

──出演オファーを受ける前から、「新参者」シリーズはご存知だったんですよね。どのような印象をお持ちでしたか?

事件を解決していく流れが多くの刑事モノと違い、主人公の加賀恭一郎は、犯行を立証する証拠とか、犯人の行動のほころびとかを探すのではなくて、犯人もひとりの人間として捉え、その人がどういう気持ちでどう動いたのかを鋭い観察と洞察で明らかにしていく。さらに、犯人が捕まったらそれで「ああ、よかった」ではなくて、恭一郎のおかげで心を解きほぐされた犯人が、このあと前向きに生きていけるように配慮する。そんなあたたかみのある刑事ドラマで、私はファンでした。

──そんな好きだったシリーズの劇場版の出演オファーがきて、まず、脚本を読まれたときにはどう思われました?

完結篇ということで、これまで描かれてこなかった加賀恭一郎の過去や母親への思いが明らかにされていますし、私の演じた博美と恭一郎との関係も、複雑ながらきちんと構成されていて、とても完成度の高い脚本だと思いました。これまで演じたことのないような役に興味がありましたし、なにより現場に行けば「あの加賀さんに会える」という楽しみもありました(笑)。

映画『祈りの幕が下りる時』のワンシーン © 2018映画「祈りの幕が下りる時」製作委員会画像一覧

──ただ、シリーズとしては最初の放送からすでに8年近く経っていて、劇場版としても前作の『麒麟の翼』から6年経っている。つまり、世界観はすでに出来上がっているわけで、そんなシリーズに最終作だけ出演するのに不安とかありませんでしたか?

実は以前にも同じような経験がありました。田村正和さん主演の人気ドラマ『古畑任三郎』シリーズでも、私が最終話のゲストだったんです。あのときは本当に「私が最後でいいのかな」という思いもあり、ものすごく緊張しました。この作品の福澤(克雄)監督とは以前にテレビのお仕事で何度かご一緒していたので、「私でよければ精一杯頑張らせていただきます」という気持ちで、緊張よりも楽しみの方が勝ってました。世界観ができあがっていることで、自分をそこにどう合わせればいいのかイメージすることもできましたし、逆に気持ちを楽にして参加させていただけた気がします。

「緊張よりも楽しみの方が勝ってました」と松嶋菜々子画像一覧

──現場で初めて、阿部寛さん演じる加賀恭一郎に会ったときはどんな感じでしたか。

阿部さんとお仕事するのは初めてだったのですが、周囲の方々から聞いていたとおり、背の高い方だなと(笑)。あと、加賀のスーツは今回のために新調されたのかな、それとも前のものなのかな、そんなことを思ってました(笑)。

──なんだか余裕があったのですね。

映画のなかの役柄でも、私が演じる浅居博美が初めて加賀恭一郎に会うとき、博美は恭一郎のことを知っているけど、恭一郎は博美のことを知らないという設定なんです。その心持ちを多少持って現場に入ったので、それがなんとなく余裕ある感じにつながったのかもしれませんね。

1 2

映画『祈りの幕が下りる時』

2018年1月27日(土)公開
監督:福澤克雄
出演:阿部寛、松嶋菜々子、溝端淳平、田中麗奈、山崎努、ほか
配給:東宝
URL:http://inorinomaku-movie.jp

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ