30〜50代女性殺到、阪急バレンタイン開幕
2018.1.24 14:00

「阪急うめだ本店」(大阪市北区)の催事『阪急バレンタイン チョコレート博覧会2018』が1月24日に開幕。初日から30〜50代の女性を中心に、多くのチョコレートファンが訪れて大盛況の幕開けとなった。

写真映えを目指した新コーナー『チョコのワンドーランド』
写真映えを目指した新コーナー『チョコのワンダーランド』画像一覧

同店でしか買えないチョコブランドや独自の企画を展開し、チョコレート通の自分チョコから、友チョコや義理チョコなどを買う気軽なユーザーまで幅広く対応。昨年は約20億円を売り上げ、73万人を動員した関西最大規模のバレンタイン・イベントだ。

「イヴァン・バレンティン」のブース前。ここから長蛇の列となっている
「イヴァン・バレンティン」のブース前。ここから長蛇の列となっている画像一覧

開始からわずか30分で200人近い行列ができたのは、一般販売のないセレブ御用達のアメリカ・ブランド「YVAN VALENTIN(イヴァン・バレンティン)」。そして、昨年のバレンタイン催事で初登場し、売り上げ2位を記録したいちごスイーツ専門店「AUDREY(オードリー)」だ。

「オードリー」を購入してから「イヴァン・バレンティン」の行列に並んでいた30代の女性は「関西でオードリーを買えるのは、阪急の催事だけ。昨年は週末に開始と同時に並んでも1時間待ちだったので最初に並びました。パッケージがかわいく女子受けするので女子チョコ、自分用と、彼氏がいちご好きなのでまとめて購入。イヴァンも頼まれた分と自分用に買いたいと思います」と、昨年からのリサーチを生かしていた。

「オードリー」に並んでいた30代女性の買いものカゴ。義理チョコまでまとめ買いしたとのこ
「オードリー」に並んでいた30代女性の買いものカゴ。義理チョコまでまとめ買いしたとのこ画像一覧

開始1時間後には「イヴァン・バレンタイン」で商品が一部売り切れ、後列に並ぶ客に完売の可能性をアナウンス。「オードリー」は買いものカゴが足りなくなり、隣の会場にはみ出るほどの行列となった。催事は2月14日まで。

阪急うめだ本店『バレンタイン チョコレート博覧会2018』

期間:2018年1月24日(水)~2月14日(水)
会場:阪急うめだ本店9階
時間:10:00~20:00(曜日により閉店時間異なる)
電話:06-6361-1381
URL:http://www.hankyu-dept.co.jp/

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ