京都の七味や餡、争奪戦の限定チョコ催事
2018.1.23 20:00

フランスを中心に世界の名だたるショコラティエのチョコレートが集結する『サロン・デュ・ショコラ』。「ジェイアール京都伊勢丹」(京都市下京区)でおこわれる同イベントで、京都ならではの食材を使った限定チョコレートが注目を集めている。

「アッサンブラージュ カキモト」によるFuture snack1,944円
「アッサンブラージュ カキモト」によるFuture snack1,944円画像一覧

毎年、数量限定のチョコを目指して、多くのチョコファンで大混雑し、人気商品は次々と完売する『サロン・デュ・ショコラ』。13年目を迎える今年は、「感謝〜京都へのオマージュ〜」と題し、お客への感謝の気持ちを込めて、京都の老舗とショコラティエらによる限定商品を販売する。

注目は、世界一を競う大会「ワールドチョコレートマスターズ」の2018年の代表に決まり、ますます人気が高まる「ASSEMBLAGES KAKIMOTO(アッサンブラージュ カキモト)」の垣本晃宏さんによるスイーツ「Future Snack」1944円(2/5から出店)。創業130年の和菓子店「塩芳軒(しおよしけん)」の餡を使い、コーヒーの香りを活かし、アクセントにオレンジピールを使用している。

大阪の「ショコラティエ パ レ ド オール」 京都ショコラ2268円(6個入り、左)。神戸の「ショコラティエ ヤスヒロセノ コウベ」のバレンタインショコラ2018・2011円(6個入り)
大阪の「ショコラティエ パ レ ド オール」 京都ショコラ2268円(6個入り、左)。神戸の「ショコラティエ ヤスヒロセノ コウベ」のバレンタインショコラ2018・2011円(6個入り)画像一覧

ほかにも大阪の「ショコラティエ パレ ド オール」が「原了郭」の香辛料と「佐々木酒造」の日本酒を使ったボンボンショコラや、初出品となる八ッ橋の老舗「聖御院八ッ橋総本店」が、薄く焼き上げた八ッ橋にチョコレートを薄くコーティングした「シュクレカネール・ルージュ」などを手掛けた。いずれも売り切れ次第終了、期間は1月31日から2月14日まで。

『~パリ発、 チョコレートの祭典~  サロン・デュ・ショコラ』

期間:2018年1月31日(水)〜2月14日(水)
時間:10:00〜20:00
会場:ジェイアール京都伊勢丹10F 催物場(京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町)
電話:075−352−1111
URL:http://kyoto.wjr-isetan.co.jp/floorevent/1712sdc/

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ