美術家・森村泰昌、ゴッホに扮して作品に

2018.1.20 09:00

森村泰昌《自画像の美術史(ゴッホの部屋を訪れる)》2016年 カラー写真 作家蔵
courtesy of the artist and Yoshiko Isshiki Office, Tokyo

(写真2枚)

「京都国立近代美術館」(京都市左京区)で1月20日から始まる『ゴッホ展 巡りゆく日本の夢』の開催に合わせて、同美術館4階の「コレクション・ギャラリー」にて『森村泰昌、ゴッホの部屋を訪れる』がおこなわれる。

大阪を拠点に活躍する現代美術家・森村泰昌は、自らの身体を使って西洋絵画や著名人に扮した写真による自画像シリーズの作品で知られている。1985年には、ファン・ゴッホに扮したセルフポートレイト写真『肖像(ゴッホ)』で一躍有名に。今回は、森村がファン・ゴッホの「寝室」の作品にちなんで制作した関連作品を展示する。ぜひ、森村泰昌にならってファン・ゴッホ気分を体験してみて。『ゴッホ展 巡りゆく日本の夢』の観覧券で鑑賞できる。

森村泰昌《ゴッホの部屋》(会場風景)こちらを背景にぜひ、ゴッホ気分を体験して

『森村泰昌、ゴッホの部屋を訪れる』

期間:2018年1月19日(金)〜3月4日(日)月曜休(2/12開館、2/13休館)
時間:9:30〜17:00(金・土曜は〜20:00)
会場:京都国立近代美術館 4階コレクション・ギャラリー(京都市左京区岡崎円勝寺町)
電話:075-761-4111

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本