大阪の不人気地下アイドル、夢を掴むまで
2017.12.31 19:00

大阪で一番人気のない地下アイドル・グループ「くぴぽ」の7カ月間に密着したドキュメンタリー映画『くぴぽ SOS!』。映画上映後には、アイドルイベント『エクストロメFEST 2017.12』でトリをつとめるなど、取り巻く状況は激変。なぜ彼女たちは変わったのか。くぴぽのリーダー・まきちゃんをつかまえて話を訊いた。

取材・文・写真/田辺ユウキ

「メンバー3人合わせて約50枚」(まきちゃん)

──くぴぽのライブはこれまで何度も見てきましたが、今日が一番盛り上がりましたね。ちなみに、物販の売り上げはどうでしたか。

「いつもより良かったです。終演後物販(註1)だったので、お客さんはまず売れているアイドルさんのところへ行って、2、3番目にくぴぽに来てくれる感じでした。だから、物販時間の後半にお客さんが伸びました」
註1:ライブイベント終了後、居残っている演者全員が一斉におこなう物販時間のこと

──チェキの数はどれくらい出ましたか。

「メンバー3人合わせて約50枚ですね。これまでと比べて、かなり売れました。私のチェキも売れたんですよ。いつも0か1枚だったのに、今日は5枚くらい。いつもは、『まきちゃんとチェキを撮るのはテキーラ感覚』って言われるんです。あと、罰ゲームとか(笑)。でも、くぴぽのライブを楽しんでくれた思い出として購入してくれたみたいで」

アイドルイベント『エクストロメFEST 2017.12』(大阪市内)の様子画像一覧

──ステージから見たお客さんの光景もいつもとは違ったんじゃないですか。

「今までは、お客さんが2、3人のところに無理矢理飛び込む感じだったんですけど、今日は会場の後ろまでびっしり人がいて、ちゃんと自分の意図とお客さんのグルーヴが合わさって気持ちよくできたと思います。技術的な部分では反省点は多いですが、売れているアイドルはこういう景色を見ながらライブをしているのかと、実感しました」

──映画『くぴぽ SOS!』の大阪上映が終わって最初のライブでしたが、映画の影響力は感じられましたか。

「かなりありました。映画のおかげでツイッターのフォロワーが増えたんです。お客さんも『映画見ました』『また上映してください』と声をかけてくれたり。共演したフィロソフィーのダンスのみなさんも、『映画になっているアイドルさんですよね。どんな映画なんですか?』と知ってくれていて。身内だけの映画でなく、想像以上に広がっています」

1 2

くぴぽ
URL:https://qppo.localinfo.jp

映画『くぴぽ SOS!』
URL:https://garblefilm.wixsite.com/kupipo-sos

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ