神戸で紅茶フェス開幕、本来の味を体験
2017.12.8 20:00

今年1月に開催された際には3日間で3万人以上が訪れた『神戸ティーフェスティバル』。その第2弾が8日に開幕。会場の「メリケンパーク」(神戸市中央区)を中心に、12月10日までさまざまな紅茶が楽しめる。

紅茶を楽しむ人々でにぎわうメリケンパーク(8日・神戸市内)画像一覧

人気は、代表的な紅茶の産地であるアッサム・ダージリン・セイロン・ヌワラエリヤ・ディンブラの5種類が飲み比べられる「TEASTING(ティースティング)」(5店の紅茶とセットで1000円)。紅茶のベーシックな知識とともに、紅茶本来の楽しみ方が体験できると今回も多くの人が列を作った。それぞれの紅茶にはペアリングフードが添えられ、まるでワインのような味わいの変化を楽しんでいた。

紅茶の色(水色)や香り、味の違いを楽しめる「TEASTING」。羊羹と紅茶の相性の良さに驚く人が多かった(8日・神戸市内)画像一覧

1月にも来場したという神戸市内の幼稚園ママ友ペアは、「家でも同じ銘柄を飲んでいるのに、ちゃんと淹れるとこんなにおいしいんだと思った。普段飲まない紅茶も体験できて、こんな味なんだとか、自分に合う合わないも知ることができた」と満足した様子だった。

大阪から来場したという親子は、「最初は苦いかなと思ったディンブラが、アーモンドを食べたら苦みが消えてビックリした」と楽しんでいた(8日・神戸市内)画像一覧

また、同イベントには全国から17のティーショップが出展しており、1000円のチケットで好きなショップの紅茶の試飲が可能。こちらではブレンドティーやフレーバーティーも楽しめ、スタッフに熱心に質問する人も多く見られた。会場隣の「海洋博物館ホール」(神戸市中央区)ではティーカレッジも開催される(有料・要申込)。

取材・文・写真/太田浩子

『第2回神戸ティーフェスティバル』

期間:2017年12月8日(金)~10日(日)
時間:10:00~18:00
会場:メリケンパーク(神戸市中央区波止場町2)
料金:ティーチケット1000円(ティーショップ5店の紅茶+TEASTING)
URL:http://www.kobeport150.jp/teafestival2017/

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ