京都みなみ会館が3月閉館、移転再開へ

2017.12.1 15:30

2018年3月末に閉館が発表された「京都みなみ会館」

(写真1枚)

京都の映画館「京都みなみ会館」(京都市南区、運営:巖本金属)が、2018年3月末をもって閉館することが発表された。

1963年12月に邦画の封切館としてオープンした「京都みなみ会館」。時代に合わせた上映形態へと幾度かの変貌を遂げながら、54年間にわたってさまざまな作品を上映してきた。

しかし、近年の老朽化により、補修工事では対応できない箇所が出てきており、巨額の費用を要する大規模修繕が必要に。同時に、借地契約更新期間が迫ってきたことから、同地での営業継続を断念したという。

現在は、移転候補地の調整をおこない、2018年中の営業再開を目指している「京都みなみ会館」。閉館月の3月は、同館の歴史を彩る作品をセレクトした『さよなら特別興業』が予定されている。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本