京都で、波佐見焼の可能性をさぐる展示会
2017.11.21 17:30

京都・祇園のギャラリー「ASPHODEL(アスフォデル)」(京都市東山区)にて、波佐見焼の陶磁器メーカー「マルヒロ」のポップアップストア&展示会が11月23日からスタート。気鋭のクリエイターとコラボレーションした新作をはじめ、大人も子どもも楽しめるワークショップにも注目だ。

グラフィックデザイナーの三重野龍(左)と、「マルヒロ」のブランドマネージャー・馬場匡平。長崎県に赴き、コラボレーションで作品を製作した画像一覧

長崎県で400年続く波佐見焼は、有田の下請け産地として歩み、成型・型起こし・釉薬・窯焼きを分業制にすることで、量産を得意としてきた。「マルヒロ」はこれからを見据え、波佐見焼の特色を生かし、今のライフスタイルにフィットする、独自のブランドを立ち上げた。シンプルなデザインやカラーバリエーションが、インテリア好き、雑貨好きから広く支持されている。

9月に開催した、東京・原宿での展示の様子画像一覧

今回は、東京・原宿に続き、3階建てのギャラリーをまるごと会場にして、関西初の展示会を開催。1階はポップアップストアとして、自社ブランドから250点以上が登場。愛される「道具」を目指してつくる代表的ブランド「HASAMI」、「くらわんか」といった伝統的な波佐見焼を今の感覚で作った「ものはら」など、これまでのチャレンジが一堂にお目見えする。また、最上階では、グラフィックデザイナーの三重野龍、イラストレーターの竹内俊太郎ら、5人のアーティストとのコラボ作品を展示。クリエイターと組むことでアグレッシブに型を破り、波佐見焼の可能性を見せる。

食器に転写シールを貼る「転写ワークショップ」は子どもも参加できる画像一覧

2階は、ワークショップ&カフェとして、参加型のスペースに。「転写ワークショップ」(2500円〜)では、アーティストによる転写シールを思うまま食器に貼り、オリジナルの飾り皿が作れる。庭師・山口陽介による「ボシボシ植え込みワークショップ」(3000円〜)では、不要になった窯道具「ボシ」や陶片を再利用して松を植える。無心で作るのが楽しく、愛用できるのも嬉しい。見て、作って、話をして、ものづくりがグッと身近になる4日間だ。

取材・文/宮下亜紀

『マルヒロ POP UP STORE & EXHIBITION in 京都』

期間:2017年11月23日(祝)〜26日(日)
時間:12:00〜19:00
会場:ASPHODEL(京都市東山区八坂新地末吉町99-10)
料金:入場無料 ※「転写ワークショップ」(2500円〜)は会期中毎日開催、「ボシボシ植え込みワークショップ」(3000円〜)は11/25・26開催。予約不要
電話:0955-42-2777(有限会社マルヒロ)
URL:http://www.hasamiyaki.jp

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ