ボジョレー解禁、各所で盛り上がり
2017.11.16 22:00

11月16日は、ワインの新酒「ボジョレー ヌーヴォー」の解禁日。フランスのボジョレー地方で収穫したブドウがいち早くワインとなって出荷される。それを飲みながら、2017年のブドウの出来をあれこれ評価するという、ワイン好きにとっては特別な日となっている。

この日提供されたジョルジュ デュブッフのボジョレー ヌーヴォーは5種類以上、さらにロゼもラインアップ
この日提供されたジョルジュ デュブッフのボジョレー ヌーヴォーは5種類以上、さらにロゼもラインアップ画像一覧

「サントリーホールディングス」広報部によると、2017年はボジョレー地方で、ブドウの開花期の春と成熟期の夏の気温が平年より高く推移し、また好天に恵まれたことで完熟したブドウが収穫でき、太陽の恵みをたっぷりと受けた質の高いワインに仕上がったとのこと。

料理とともに解禁されたボジョレー ヌーヴォーを楽しむ街の人たち(16日・大阪市内)
料理とともに解禁されたボジョレー ヌーヴォーを楽しむ街の人たち(16日・大阪市内)画像一覧

大阪では今年も各所で、ボジョレーを飲む会がおこなわれ、夜遅くまでワインを楽しむ人でにぎわった。

『ボジョレー ヌーヴォー』

2017年11月16日(木)解禁

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ