大阪モーターショー「自動車は文化だ」

2017.11.10 13:00

「第1回が開催されたとき(1999年)とは車の立ち位置が随分違う。新しい価値を見出していきたい」と堀内委員長

(写真2枚)

西日本最大のモーターショー『大阪モーターショー』が、12月に「インテックス大阪」(大阪市住之江区)で開催。その概要発表会が9日、「ザ・リッツカールトン大阪」でおこなわれた。

10回目となる今回は12月8日から11日までの4日間。各メーカーの最新車種の展示をはじめ、世界3大レースのひとつ『インディ500』で日本人初優勝を収めた佐藤琢磨選手のトークショーなどが企画され、毎回人気の試乗会ではよりスムーズに体験できるように会場を一新する。

今回の開催に向けて実行委員会の堀内俊樹委員長は、「老若男女、多くの人々が楽しめる様々なイベントを用意している」とコメント。実際にファミリーで楽しめる実写版ミニ四駆コーナーや、消防署・バス会社・自衛隊などが参加するはたらくクルマコーナーなど、子どもをターゲットとしたイベントを数多く用意しているとのことだ。

『大阪モーターショー』恒例のナビメイト。会期中は会場のあちこちでサポートする
『大阪モーターショー』恒例のナビメイト。会期中は会場のあちこちでサポートする

目標入場者数は30万人で、関連イベントとあわせて「自動車は文化だ!」を合言葉に魅力を発信するという。料金は1400円(小学生以下無料)、各プレイガイドで発売中。

取材・文・写真/谷知之

『第10回 大阪モーターショー』

日程:2017年12月8日(金)~11日(月)
会場:インテックス大阪(大阪市住之江区南港北1-5-102)
料金:前売1400円、当日1600円(小学生以下無料)
電話:06-6233-2220(運営事務局)

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本