スクエニカフェ、ヨドバシ梅田にオープン

2017.10.15 08:00

入り口では『キングダムハーツ』シリーズの主人公の1人、ソラがお出迎え

(写真4枚)

『ドラゴンクエスト』『ファイナルファンタジー』などヒット作品を生み続ける大手ゲーム会社「スクウェア・エニックス」による公式カフェが、西日本初出店として「ヨドバシカメラ梅田」(大阪市北区)の地下1階に10月14日、オープンした。

2016年10月に東京・秋葉原に1号店をオープンし、連日満員という人気カフェ。関西のファンからの熱い要望に応え、満を持して2号店を大阪に開店した。秋葉原店同様、期間限定でゲームを中心とした同社の人気タイトルとのコラボキャンペーンを展開し、オリジナル限定メニューやグッズを販売。店内もテーマに合わせて装飾が変わっていくという。

大阪店はギャラリー風の店内装飾に
大阪店はギャラリー風の店内装飾に

10月14日から11月10日までは第1弾として、シリーズ15周年を迎えた、ディズニーと提携したロールプレイングゲーム『キングダムハーツ』コラボがスタート。「夕陽が赤い理由オムライス」や「行けなかった海の焼きそば」、「魔女と竜のスープ」など、作品の世界にまつわるメニューが登場。期間中はフード・ドリンクを注文すると、ここでしか手に入らない特別デザインのランチョンマットやコースターがプレゼントされるとあって、ファンなら見逃せない。

濃厚なミネストローネの「魔女と竜のスープ」(800円)
濃厚なミネストローネの「魔女と竜のスープ」(800円)

同社の専務執行役員の橋本真司氏は、「関西のみなさまにもぜひ、いろいろなものをお届けしたいとチャンスを探していました。ここでしか食べられないメニューを今回たくさん用意しています。私どものタイトルを通じまして、西日本のみなさまとの接点をもっと繋いでいけたら」とあいさつ。カフェスペースは90分入れ替え制で、ローソンチケットで事前予約ができるほか、当日券も配布される。一部メニューはテイクアウト可能。物販コーナーは入場自由。

スクウェア・エニックス専務執行役員の橋本真司氏
スクウェア・エニックス専務執行役員の橋本真司氏

「スクウェア・エニックス カフェ大阪」

2017年10月14日(土)オープン
住所:大阪市北区大深町1-1 ヨドバシカメラ梅田ビルB1F
営業:9:00~22:30
電話:06-6225-7546

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本