松岡充「私を抱くなら本気で来て」
2017.10.6 17:00

SOPHIA(ソフィア)/MICHAEL(ミカエル)のボーカリストで、俳優としても活動する松岡充が、劇団鹿殺しの丸尾丸一郎と新プロジェクト「VOL.M(ボリュームエム)」を結成。松岡が、「ようやく実現できたのが本当にうれしい」と話す本プロジェクトの舞台について、大阪で会見がおこなわれた。

松岡(左)と丸尾。「陰陽が同居しているのが人間。クリーンな面しか見えていない人にも、松岡さんの影の部分を観てもらいたい」と丸尾
松岡(左)と丸尾。「陰陽が同居しているのが人間。クリーンな面しか見えていない人にも、松岡さんの影の部分を観てもらいたい」と丸尾画像一覧

松岡主演の音楽劇『リンダ リンダ』(2012年 再演)で共演した2人。「(演出の)鴻上(尚史)さんが描くのとは違った松岡充を描いてみたいと思った」と丸尾は話す。公演が終わる頃、酒の席でその話を聞いたという松岡は、「わかった。すぐにでもOKです、と返答して。それから気持ちの上では、背中に丸尾丸一郎とタトゥーを入れて『私は丸尾丸一郎の物です』ぐらいの気持ちでいたのに、待てど暮らせどオファーが来ない。そうしたらCoccoさんや奥菜恵さんと(丸尾が)共演・・・。えぇっ! って言いましたね(笑)」と振り返る。

1年前にあらためて打診を受けた松岡は、「私を抱くなら本気で来てって。だいぶ待ってたんやもん。待って待って、ようやく来たんやったら本気やないと怒るで(笑)」と答え、今回のプロジェクトが始動したという。物語は、徳川吉宗が将軍へと成り上がる暗殺劇をベースに、現代のキャバクラの保険金詐欺事件も同時に描かれ、2つの話がリンクしていく。

仲のいい様子が伺える2人のやり取り
仲のいい様子が伺える2人のやり取り画像一覧

「コメディもいっぱいあって、いろんな松岡充の要素が見える。カッコイイのはもちろん、笑われたり、怖いと思わせたり、怪しさもあったり、人間のあやふやなところもあったり・・・。(松岡の)多面的なところを見せられたら」と丸尾。大阪公演は、10月13日〜15日に「サンケイホールブリーゼ」(大阪市北区)にて。チケットは公式サイトで発売中。

舞台『不届者』

日程:2017年10月13日(金)〜15日(日)
会場:サンケイホールブリーゼ(大阪市北区梅田2-4-9)
料金:S席6800円、A席5800円、U-22 4500円
電話:03-6265-8518(オフィス鹿)
URL:http://www.vol-m.com/futodoki/

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ