愛称はザットン、クジラの骨格標本
2017.9.23 12:00

「大阪市立自然史博物館」(大阪市東住吉区)で開催中の特別展『瀬戸内海の自然を楽しむ ―生き物のにぎわいとその恵み―』。その目玉展示である、ザトウクジラ(オス・全身骨格標本)の愛称が「ザットン」に決定した。

愛称の決まったザトウクジラのザットン
愛称の決まったザトウクジラのザットン画像一覧

「ザットン」は2015年9月、大阪府泉南郡岬町に死亡漂着したザトウウクジラ。全長約7メートルのオスで、解体して骨格標本として収蔵していたものを組み立て、全身骨格標本として本特別展で初めて公開した。

公募には総計561票の応募があり、愛称は36票を集めた「ザットン」に決定。16日におこなわれた愛称命名イベントに参加した名付け親らは、「強そうなイメージだから」「みんなが呼びやすいように」「標本にする過程では、作業に参加した市民のみなさまの苦労があったと聞き、そういった市民参加の活動は珍しいので、長くつづくように」とそれぞれの想いを話した。

特別展は10月15日まで開催。チケットは大人500円、高校生・大学生300円、中学生以下無料。

特別展『瀬戸内海の自然を楽しむ ―生き物のにぎわいとその恵み―』

日程:2017年7月15日(土)〜10月15日(日)※月曜休
時間:9:30〜17:00
会場:大阪市立自然史博物館(大阪市東住吉区長居公園1-23)
料金:大人500円、高校・大学生300円、中学生以下無料
電話:06-6697-6221
URL:http://www.mus-nh.city.osaka.jp/tokuten/2017setonaikai/

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ