日本初開催、神戸で「ダーツW杯」
2017.9.23 10:00

競技ダーツのワールドカップ『第21回 WDFワールドカップ』が今年、日本で初開催。神戸・ポートアイランドの「神戸国際展示場」(神戸市中央区)で、10月3~7日におこなわれる。

判断力やメンタルが問われるため、ベテランが活躍するダーツ。観客は選手の後ろ側から観戦する
判断力やメンタルが問われるため、ベテランが活躍するダーツ。観客は選手の後ろ側から観戦する画像一覧

年齢や運動神経に関係なく好成績を狙えるダーツは、「誰でも楽しめるスポーツ」として世界的に人気。1977年から始まったワールドカップは今回で21回目となり、本大会には33カ国から約480人の選手らが参加する。

大会は男子・女子・ユースの3部門があり、日本からは各部門4人ずつ計12人が代表選手として出場。競技ゲームは「501」で、3本の持ち矢を交互に投げて得た点数を501点から引いていき、先に0点になったほうが勝利するルール。最後は必ず、「ダブル」「インブル」という点数が2倍になるゾーンに命中させて上がらなければならず、ダーツのコントロールに加え、頭脳と精神力が必要とされるのが醍醐味だ。

日本ユース代表、奈良県出身の林桃加選手
日本ユース代表、奈良県出身の林桃加選手(17)画像一覧

日本ダーツ連盟専務理事の上田豊さんは、「次々とダーツが命中するのを見て、爽快感を味わってください。48面のボードが横一列に並ぶ会場は壮観です。とくに盛り上がるのは、ワールドカップでしか行われない国別対抗のチーム競技。オペラグラスをお持ちになると、より一層楽しめます」と話す。観戦は無料で、公式サイトで事前申し込みが必要。

文/合楽仁美

『第21回WDFワールドカップ神戸大会』

期間:2017年10月3日(火)~7日(土)
会場:ポートアイランド神戸国際展示場3号館(神戸市中央区港島中町6-11-1)
電話:06-6136-7130(実行委員会事務局)
URL:http://worldcup-darts.jp/kobe2017/

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ