口どけが新鮮、うめだ阪急で秋の焼菓子

2017.9.5 08:00

「幸せを呼ぶお菓子」と言われるスペインの伝統的焼菓子ポルボロン。テトラパック型(3個入)756円のほか、箱(5個入)1296円も

(写真4枚)

今年6月にオープンし、四季ごとにすべての商品を入れ替えるとして話題を呼んだスイーツ店「HIBIKA(ひびか)」(阪急うめだ本店B1)が、9月1日から秋をテーマにしたフレッシュケーキと焼菓子を販売中。

注目は「季節のクッキー・ポルボロン」。小麦粉を丁寧に炒ることでホロホロとくずれるような食感を実現し、絶妙な火入れで口に入れた瞬間にとろけるのが特徴。秋は、紅茶・ヘーゼルナッツ・ショコラの3種類の味が楽しめる。クッキーはひとつひとつキャンディのように包まれて、テトラパック型のパッケージ(3個入)にイン。デザインもかわいい。

9種類のクッキーやパイが、シンプルな白い缶に入る。39個入4212円、66個入6048円
9種類のクッキーやパイが、シンプルな白い缶に入る。39個入4212円、66個入6048円

楓のモチーフクッキーの入った「小さな焼き菓子 詰め合わせ」も、スイートポテトやシナモン、いちじくなど秋限定のクッキーが上品な味わい。「日本の秋の風情をお菓子で楽しんでもらいたい」と商品企画を担当するエーデルワイスのマーケティング部・荒井恵さん。旬の便りとしての贈り物が焼菓子、というのが新鮮だ。

左上から時計回りに「収穫祭(秋の実りのパニエ)」750円、「木の実(ナッツとショコラのシュー)」650円、「林檎(ポム・ルージュ)」750円、「名月(ショコラ・グリオット)」700円、「秋色(キャラメル・ポワール)」700円、「金木犀(キンモクセイと2層のショコラムース)」650円

繊細なデザインのフレッシュケーキも、「秋色」「名月」「林檎」など10種類がスタンバイ。現在、阪急うめだ本店ではケーキ1個用の箱を用意。アニバーサリープレートやキャンドルも付けてもらえるので、1個でもインパクトのあるプレゼントとして、こちらも喜ばれそうだ。

取材・文・写真/太田浩子

『阪急うめだ本店 四季菓子の店「HIBIKA(ひびか)」』

住所:大阪市北区角田町8-7 阪急うめだ本店B1
営業:10:00〜20:00(金・土曜は〜21:00)※不定休
電話:06-6313-7685

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本