ピンクのめでたい電車、ブルーで新登場
2017.8.27 7:00

和歌山市内を海へ向かって走る南海電鉄・加太さかな線で、昨年から運行がはじまった観光列車『めでたいでんしゃ』。ピンク色がイメージカラーだった同列車に、海をイメージした水色バージョンが10月7日に登場する。

今秋デビューする水色のめでたいでんしゃ
今秋デビューする水色のめでたいでんしゃ画像一覧

鯛をモチーフにデザインされ、全面ピンクの外見だけでなく、魚型のつり革、鯛だらけのシートをはじめ、遊び心が満載の『めでたいでんしゃ』。今回水色バージョンを運行するにあたり、「加太の海をイメージした装飾を施し、電車に乗っていながら、まるで海のなかにいるような気分が味わえる、加太線にぴったりの観光列車です」と同社はコメントしている。

魚、カニ、貝形のつり革や、魚柄のシートなど、海のなかを演出する車内
魚、カニ、貝形のつり革や、魚柄のシートなど、海のなかを演出する車内画像一覧

車体は外装も内装も水色で統一。海をイメージした水色の床に、釣り場、フィン、サーフボードが描かれたり、扉に人が立つとシュノーケルをしているように見えるステッカーが貼られるなど、ここでも遊び心は忘れていない。運行時間など詳細は、公式サイトにて。

水色の「加太さかな線 観光列車 めでたいでんしゃ」

2017年10月7日(土)運行開始
URL:http://www.nankai.co.jp/kada/medetai/

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ