専門家も絶賛、岡田准一の石田三成像

2017.8.15 21:30

映画『関ヶ原』の舞台挨拶に登場した、島左近役の平岳大(15日・大阪市内)

(写真2枚)

司馬遼太郎の大ベストセラー小説を、岡田准一、役所広司、有村架純らで実写映画化した『関ヶ原』。その試写会が15日、大阪市内で実施され、主演の岡田、平岳大、原田眞人監督が登場。舞台挨拶をおこなった。

「こんばんは。ひらパー兄さんこと、石田三成を演じた岡田准一です」と挨拶し、「(岡田が)西軍のリーダーなんですけど、(撮影現場の)士気が高くて。エキストラの方も歴史好きの方が多くて、これだけ士気が高かったら西軍が勝つんじゃないかと、そんな現場でした」と、テンション高い撮影現場をふり返った岡田。

映画『関ヶ原』の舞台挨拶に登場した原田眞人監督(15日・大阪市内)

そして、ゲストで登壇した「司馬遼太郎記念館」(東大阪市)の上村洋行館長に、「家康の野望に対して、三成は義をもって向かう。(岡田に)新しい三成像を見た思い」と絶賛され、岡田は「僕は司馬先生の本を中学校のとき、それこそ『関ヶ原』を読んで、歴史好きになったと言っても過言ではないので、そういう作品に出られたこと、館長がそう言ってくださるのは本当にうれしい」と、 頬をゆるませた。映画は8月26日から公開される。

映画『関ヶ原』

監督:原田眞人
出演:岡田准一、有村架純、平岳大、東出昌大、役所広司
配給:東宝/アスミック・エース

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本