杉咲花の役作りに木村拓哉もびっくり
2017.3.31 20:20

映画『無限の住人』の試写会が31日、大阪市内で開催され、主人公・万次を演じた木村拓哉とヒロイン役の杉咲花が登場。舞台挨拶をおこなった。

「ブドウの皮むきがめんどくさい」と語り、会場を湧かした杉咲花(31日・大阪市内)
大阪で映画『無限の住人』の舞台挨拶をおこなった木村拓哉と杉咲花(写真)画像一覧

主人公・万次を用心棒に雇う娘・凜と、万次の妹役・町の2役を演じた杉咲は、「三池さんからいただいた言葉は『原作をリスペクトしたい』、その一言でした。だからもうそれがすべてだと思って、現場に入る前に大事だなと思った(原作の)表情とかをコピーして切り抜いたりとかしてました」と役作りについて言及。となりにいた木村を、「今初めて聞いた。わりと引き出しありますからね」と驚かせた。

前日夜、京都から移動し、お好み焼きを食べたという2人。「お好み焼きか串カツを食べたくて、マネージャーさんたちとどうしましょうと。お好み焼き屋さんを探したら、着く予定の時間はお店が閉まっているみたいで。串カツ屋かぁと思っていたら、木村さんからお誘いいただいて、お好み焼きを食べられました」と、杉咲の満足したような表情に会場がほっこりとした。

そして、映画のキャッチコピー「不死身って、死ぬほどめんどくせぇ。」にちなみ、めんどくさいことを聞かれた2人。木村が「さんま! (会場がざわつき)ごめんなさい、(関西という)場所が場所だけに誤解をしないでください。違います、ちゃんとした魚の方です。えぇ〜じゃないから!」と、親交のある大御所芸人を思わせる回答に一瞬あたふた。一方、杉咲は「ブドウの皮むきです、はぁ〜」とため息交じりに語り、ほかにも皮をむく果物って多いですよね?と司会者に問われると、「そうですね。マスカットとか」と即答。木村に「そこはもうちょっと違う感じで」とつっこまれつつ、会場の爆笑を誘った。映画は4月29日から公開される。

映画『無限の住人』

2017年4月29日(祝・土)公開
監督:三池崇史
出演:木村拓哉、杉咲花、福士蒼汰、市原隼人、戸田恵梨香、市川海老蔵、ほか
配給:ワーナー・ブラザース映画
大阪ステーションシティシネマほかで上映
© 沙村広明/講談社 © 2017 映画「無限の住人」製作委員会
URL:http://wwws.warnerbros.co.jp/mugen/

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ