40数年ぶりに復活した堺の地酒を堪能
2017.3.31 12:00

全国各地の酒蔵からひとつの地酒にスポットをあてたイベント『蔵元紀行』が、「ホテル・アゴーラ リージェンシー堺」(堺市堺区)で初開催。第1回目の4月26日には、地元・堺の蔵元「堺泉酒造」を迎えておこなわれる。

地元・堺の酒「千利休」
地元・堺の酒「千利休」画像一覧

江戸時代のはじめ、堺は灘・伏見と並び称される有数の酒どころとして栄えていたが、昭和40年代、数々の酒蔵は別の場所に移り、堺から姿を消したという。しかし40数年ぶりに酒蔵「堺泉酒造」にて酒造りが復活し、昨年10月に蔵開きがおこなわれた。そこで作られているのが、堺にゆかりのある偉人を冠する「千利休」という地酒で、掛米、麹米ともにすべて兵庫県産山田錦を使用し、永年の伝承の技を受け継いだ杜氏が丁寧に仕込んでいる。

料理イメージ
料理イメージ画像一覧

イベントでは、蔵元の社長や杜氏らによる、酒造りのこだわりやエピソードを聞きながら、吉村秀樹料理長による一夜限りの懐石料理と地酒「千利休」を堪能できるとあって、貴重な機会となりそうだ。19時からホテル内「日本料理なにわ」にて。8000円。予約は072-224-6182、または公式サイトにて。

『第1回 蔵元紀行 〜堺泉酒造を迎えて〜』

日時:2017年4月26日(水)・19:00〜
会場:ホテル・アゴーラ リージェンシー堺 25階「日本料理なにわ」
料金:8000円(料理、飲物、税サ込)
電話:072-224-6182(10:00〜19:00)
URL:http://www.agoraregency-sakai.com

※『蔵元紀行』招待券プレゼントあり
URL:https://www.lmaga.jp/present/22614/

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ