堺の無料ロックフェス、規模拡大で7月に
2017.3.22 21:00

KANA-BOONやヤバイTシャツ屋さんを輩出した大阪・堺のライブハウス「三国ヶ丘FUZZ」(堺市堺区)。同ライブハウスが主催し、2015年に初開催された野外ロックフェス『MIKROCK』が、今年は7月22・23日に開催されることに。3回目の今年は会場を「大浜公園」(堺市堺区)と規模を大幅に拡大し、2日間4万人動員の無料イベントを目指す。

「堺市大浜公園」で開催される『MIKROCK'17』
堺「大浜公園」で開催される『MIKROCK’17』画像一覧

KANA-BOONの大ファンを公言する堺市の竹山市長が「彼らのように、世界へ羽ばたくアーティストを」と堺市の音楽文化発展をこのイベントに託し、「堺市役所前広場」で始まったこのフェス。今は無名だけれども「1~2年後には確実に有名になる!」と、同ライブハウスの田原店長が太鼓判を押すバンドが多数出演し、結果、2015年は約4400人、2016年は約6500人を動員するなど、大盛況だった。

昨年「堺市役所前広場」で開催されたときの様子
昨年「堺市役所前広場」で開催されたときの様子画像一覧

今回、音楽を通じて堺市を活性化させ、「百舌鳥・古市古墳群」で世界遺産を目指す取り組みを応援するという目的のもと、堺市が全面バックアップ。合計8つのステージを設置し、約130組のアーティストが出演予定だという。「上手い下手、プロ・アマチュア関係なしに、音楽好きな人はみんなステージに出したくて。中学生・高校生が出られるステージや、40歳以上の方のステージも作るので、三世代で盛り上がれると思います」と、田原店長。

ライブハウス「三国ヶ丘FUZZ」の店長・田原さん
ライブハウス「三国ヶ丘FUZZ」の店長・田原さん画像一覧

また、「親子で遊べるフェス」というコンセプトを初開催時から大切にしており、会場にはフードエリアはもちろん、スーパーボールすくいや似顔絵コーナーなど、音楽目当てでなくても1日楽しめる内容に。田原店長は「会場は南海本線堺駅から徒歩10分と駅近ですし、無料なので、ライブハウスになかなか行きづらいっていう人も、音楽に馴染みのない小さなお子さんも、親子で気軽に遊びに来てもらって、バンドってかっこいいな、と思ってもらえたらうれしいですね」と、期待を寄せる。出演アーティストは後日発表される。

「三国ヶ丘FUZZ」オープン当時から出演しているムッシュかまやつさんの追悼ステージも登場
「三国ヶ丘FUZZ」オープン当時から出演しているムッシュかまやつの追悼ステージも予定している画像一覧

『MIKROCK'17』

日程:2017年7月22日(土)・23日(日)
時間:11:00〜19:30 ※雨天決行
会場:大浜公園(堺市堺区大浜北町4-3-50)
料金:無料
電話:072-256-7666(三国ヶ丘FUZZ)
URL:http://mikrock.com/

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ