関西ジャニーズJr室ら、時代劇に挑戦
2017.3.21 18:59

関西ジャニーズJr.の室龍太、藤原丈一郎、大橋和也、朝田淳弥が、髙田郁の小説を舞台化した時代劇『銀二貫』に出演。3月16日に「大阪天満宮」(大阪市北区)で行われた会見では、全員そろってヤル気と初々しさをアピールした。

舞台『銀二貫』の出演者。左から、宮嶋麻衣、赤井英和、桂ざこば、藤山扇治郎、曽我廼家文童、洋あおい(16日、大阪市内)
舞台『銀二貫』の会見では、大橋のマイペースな話しぶりに、共演の桂ざこばが「ええ味してるなあ」と感心の声を上げる場面も。写真は舞台に出演する桂ざこばら(16日、大阪市内)画像一覧

『ザ・オダサク』など外部舞台の出演も多い室は、今回は主人公・松吉の運命を大きく変える武士・建部玄武とその弟・玄之助の二役を演じる。「玄之助は(舞台)オリジナルの役で、それをどう自分らしく演じられるかが課題。玄武は(NHKの)ドラマでは、事務所の先輩の風間俊介くんがやっていたので、その辺でもいろいろ緊張しておりますけど、偉大なる先輩方の力をお借りして、自分も成長できたらと思います」と力強く話した。

藤原と大橋と朝田は、松吉が仕える寒天問屋の丁稚仲間役。藤原は「時代劇初挑戦ということで右も左もわからない状況。素晴らしいキャストさんのいろんな所を吸収して頑張っていきます」。またこれが外部の舞台初出演となる大橋と朝田は「すごく緊張していますが、ワクワク感の方が大きいので楽しみです」(大橋)、「私は関西ジュニアの中で影が薄いとよく言われますが、『平成の銀二貫』と言われるような・・・。皆さんに『貴重やな』と思われる演技をしていきたいです」(朝田)と、それぞれに意気込みを語った。『銀二貫』は6月1日~11日に「大阪松竹座」(大阪市中央区)で上演。チケットは5月5日に発売される。

取材・文・写真/吉永美和子

『銀二貫』

原作:髙田郁(幻冬舎時代小説文庫刊)
脚本:滋井津宇
演出:鍛治明彦
出演:藤山扇治郎、赤井英和、室龍太(関西ジャニーズJr.)、藤原丈一郎 (関西ジャニーズJr.)、大橋和也 (関西ジャニーズJr.)、朝田淳弥(関西ジャニーズJr.)、洋あおい 、宮嶋麻衣、曽我廼家文童、桂ざこば

日程:2017年6月1日(木)~11日(日)・11:00〜/16:00〜
会場:大阪松竹座(大阪市中央区道頓堀1-9-19)
料金:1等席10000円、2等席6000円
電話:06-6214-2211
URL:http://www.shochiku.co.jp/play/shochikuza/

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ